2014.11.01

DF小野寺が頭で3得点…日大藤沢、桐蔭学園との打ち合い制して決勝へ/高校選手権神奈川県大会

小野寺健也
ハットトリックを達成した日大藤沢DF小野寺健也 [写真]=内藤悠史

 12月30日に開幕する第93回全国高校サッカー選手権大会を控え、1日に神奈川県の地区大会準決勝が相模原ギオンスタジアムで行われた。第2試合では、日大藤沢と桐蔭学園が対戦した。

 第1試合がPK戦に突入したため、開始時刻が予定よりも遅れた一戦。第1試合では降り続いていた雨は止み、両校の応援団が大声を響かせる中、開始早々に均衡が破られた。4分、中盤からの浮き球のロングパスに反応した桐蔭学園MF景山亜月が最終ラインの背後を取ると、GK鈴木孔明との1対1を冷静に制し、ゴールネットを揺らした。

 立ち上がりの得点で場内のざわめきが収まらない中、桐蔭学園は13分にFW辛島侑烈がミドルシュートを放ったが枠の左へ。以降は日大藤沢が盛り返し、セットプレーでチャンスを作り始める。すると、20分に同点弾が生まれた。長距離のFKがゴール前へ飛ぶと、DF小野寺健也が反応。打点の高いヘディングシュートがゴールへ吸い込まれた。

 以降は拮抗した展開となったが、意外な形で日大藤沢が逆転に成功する。37分、敵陣左サイド深くでボールを奪うと、ゴール前へクロス。桐蔭学園GK藤川誠人がボールを手中に収めたかに思われたが、前へこぼしてしまう。詰めていたFW前田マイケル純が押し込み、ミスを突く形で2点目を奪った。さらに39分には、再びセットプレーからDF小野寺が空中戦を制し、自身2点目を決めてリードを広げた。前半は3-1で終了した。

 2点差で迎えた後半は、ビハインドの桐蔭学園がボールをポゼッションし、日大藤沢を押し込んでいく。「両サイドを広く使え」との指示がベンチから飛ぶ中、MF景山がボールタッチ数を増やしてリズムを構築。そして56分、MF増田皓夫が反撃の得点を決め、2-3と1点差に迫った。

 勢いに乗る桐蔭学園は、以降も攻勢をかけて同点弾を狙う。しかし集中力を保って応戦する日大藤沢は、途中出場のFW田場ディエゴが個の力を見せて流れを推し戻す。すると68分、次の1点は日大藤沢に生まれた。右CKからDF小野寺がまたもヘディングシュートを決め、ハットトリックを達成。スコアを4-2とした。

 再び2点ビハインドを負った桐蔭学園は、終盤も必死に攻め込んだものの及ばなかった。試合は4-2で終了し、日大藤沢が準決勝を突破。2007年(第86回大会)以来4回目となる本大会出場を目指し、8日にニッパツ三ツ沢球技場で開催される決勝で厚木北と対戦する。

(取材・文=内藤悠史)

【スコア】
日大藤沢 4-2 桐蔭学園

【得点者】
0-1 4分 景山亜月(桐蔭学園)
1-1 21分 小野寺健也(日大藤沢)
2-1 37分 前田マイケル純(日大藤沢)
3-1 39分 小野寺健也(日大藤沢)
3-2 56分 増田皓夫(桐蔭学園)
4-2 68分 小野寺健也(日大藤沢)

Jリーグ順位表

FC東京
20pt
サンフレッチェ広島
17pt
名古屋
16pt
Jリーグ順位をもっと見る
水戸
22pt
大宮
20pt
甲府
19pt
Jリーグ順位をもっと見る
C大23
13pt
北九州
13pt
讃岐
13pt
Jリーグ順位をもっと見る