FOLLOW US

習志野の前に立ちはだかる堅い守備…初芝橋本が3得点完封で勝利

決勝点を決めた永見を中心に喜びの輪をつくる初芝橋本のメンバー [写真]=川端暁彦

 平成26年度全国高等学校総合体育大会サッカー(男子)のトーナメント2回戦が3日に行われ、習志野(千葉1)と初芝橋本(和歌山)が対戦した。

 第1シード・千葉県第1代表の名門・習志野高校に、初戦快勝で勢いに乗る初芝橋本高校が挑む屈指の2回戦屈指の好カードは、降りしきる雨の中で序盤からタフな攻防が繰り返されることとなった。

 習志野は全国初戦ということもあったか、序盤から動きが硬い。対して2戦目の初芝橋本は伸び伸びとしたプレーが目立つ。序盤の主導権を握った初芝橋本は11分にFKからDF永見皓平が頭で巧みに合わせるシュートを決めて先制点を奪取。相手の焦りも誘う価値ある一点を奪い取った。

 後半、習志野も反攻を開始。MF木村拓麻ら技術のある選手がボールに絡んで攻撃を加速させる。前半は影を潜めていた躍動感のある攻撃も形を見せるようになるが、立ちはだかったのは初芝橋本のGK立川小太郎。186cmの大型ながら機動性に優れる守護神は、ペナルティーエリアの外側までの広範囲を勇敢にカバーしてチャンスの芽を摘み、シュートにも鋭く反応。ゴールという門扉にかんぬきを下ろすかのように、習志野の前に立ちふさがる。DF陣もそれに応えるかのように体を張り続け、習志野は“取れそうで取れない”展開のまま、時間を空費させることになってしまった。

 終盤に入ると、習志野は県予選で大活躍した186cmの長身FW小林尚也を投入し、さらに182cmのCB高林剛士も前線に押し上げてパワープレーの構えを見せるが、GK立川、CB永見らが形成する初芝橋本の城塞は揺るがない。後半35分、小林が放った渾身の右足シュートも、無情にもポストを叩き、ゴールならず。ロスタイムには、初芝橋本MF末吉塁のスルーパスを受けたFW市川久也にダメ押しの2点目を決められ、さらにFW柳原慶斗にまで追加点を奪われ、万事休す。第1シード・習志野は初芝橋本に0-3で敗れ、初戦で大会を後にすることとなった。

 初芝橋本は4日に、3回戦で大津(熊本)と対戦する。

(取材・文=川端暁彦)

【スコア】
習志野(千葉1) 0-3 初芝橋本(和歌山)

【得点者】
0-1 永見皓平(初芝橋本)
0-2 市川久也(初芝橋本)
0-3 柳原慶斗(初芝橋本)

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO