2016.06.25

コパ・アメリカ準決勝の会場で事件発生…多くのカメラマンが盗難被害に遭う

コロンビア対チリ戦が行われたソルジャー・フィールド [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 22日にコパ・アメリカ センテナリオ USA 2016準決勝、コロンビア代表対チリ代表戦が行われたイリノイ州シカゴのソルジャー・フィールドで、多くのカメラマンが盗難被害に遭っていたことが分かった。メキシコのニュースサイト『メディオティエンポ』が報じている。

 通常、カメラマンは会場入りした後、撮影エリアの割り当て発表に出席しなければならず、その時間帯は控室に撮影機材を置いたまま席を空けるケースが多い。

 また、この試合では激しい雷雨による2時間半の中断があったため、警備が手薄になり、カメラマン控室などバックヤードへの人の出入りが見過ごされていた可能性が高いという。

 その中で、少なくとも4つのエージェンシーのカメラマンが、カメラやレンズ、スマートフォンなどの盗難被害に遭ってしまった。

 被害に遭ったカメラマンの一人は「盗んだ人間はどこに何があって、どうやって金目のものを探せばいいか完全に知っていたはずだ」と証言し、プロによる計画的な犯行であることを示唆した。

 コパ・アメリカなどのビッグトーナメントでは、カメラマンの機材を狙った盗難や強盗事件が相次いで発生する。

 被害の拡大を防ぐためにも、セキュリティ強化を徹底してほしいものだ。


欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
86pt
リヴァプール
85pt
トッテナム
67pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
67pt
ドルトムント
66pt
ライプツィヒ
58pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
74pt
アトレティコ・マドリード
65pt
レアル・マドリード
61pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
84pt
ナポリ
67pt
インテル
60pt
欧州順位をもっと見る