FOLLOW US

福岡、セルティックからMF井手口陽介が期限付き移籍で加入「覚悟を持って戦います」…背番号は「99」

2023.02.07

アビスパ福岡が井手口陽介を期限付きで獲得(画像は昨シーズン) [写真]=Getty Images

 アビスパ福岡は7日、セルティックから日本代表MF井手口陽介が期限付き移籍で加入することを発表した。

 福岡での背番号は「99」に決定。なお、井手口は2月10日(金)よりチームに合流する予定だと発表されている。


 1996年8月23日生まれで現在26歳の井手口は福岡県出身。ガンバ大阪の下部組織で育成年代を過ごすと、2014年3月にトップチーム昇格を果たした。徐々に出場機会を増やすと、豊富な運動量と卓越したボール奪取能力を武器に同クラブの中盤の主軸として活躍した。2018年1月にはリーズに完全移籍で加入すると、その後はスペインやドイツへのレンタル移籍を経験。しかし、十分な出場機会を得ることができず、2019年8月にG大阪に復帰した。

 G大阪で約2シーズン半プレーした後、2022年1月にセルティックに完全移籍で加入。しかし、同クラブでは自身の負傷などの影響もあり主力に定着することができず。昨シーズンは公式戦6試合に出場したものの、今シーズンはここまで公式戦の出場がなく、ベンチ入りもわずか3試合にとどまっていた。

 なお、2017年6月にデビューを果たした日本代表ではここまで国際Aマッチ通算15試合に出場。2ゴール2アシストを記録している。

 Jリーグへ復帰することとなった井手口は、福岡のクラブ公式サイトを通じて次のようなコメントを発表している。

アビスパ福岡のみなさん、初めまして。井手口陽介です。このクラブのために自分ができることをすべて出し、覚悟を持って戦います。今シーズンよろしくお願いします」

【PR】欧州の強豪が来日!
EUROJAPAN CUP 2024チケット販売中!!

7月24日、EUROJAPAN CUP 2024でセレッソ大阪とボルシア・ドルトムントが対戦する。ボルシア・ドルトムントは7年ぶり4回目の来日だが、関西で試合を行うのは今回が初めてだ。また、迎え撃つセレッソ大阪には、かつてボルシア・ドルトムントでプレーした香川真司が在籍中。今夏注目の“夢の邂逅”を見逃すな!

  1. 今夏のアジアツアーにおいてボルシア・ドルトムントが日本で行う試合はこの1戦のみ
  2. お求めやすい価格設定! (例:カテゴリー5自由席 大人6900円・小中2500円)
  3. かつてボルシア・ドルトムントで活躍した香川真司が“古巣戦“に挑む!

By サッカーキング編集部

サッカー総合情報サイト

世界のサッカー情報を配信する国内最高峰のサッカー総合メディア。日本代表をはじめ、Jリーグ、プレミアリーグ、海外日本人選手、高校サッカーなどの国内外の最新ニュース、コラム、選手インタビュー、試合結果速報、ゲーム、ショッピングといったサッカーにまつわるあらゆる情報を提供しています。「X」「Instagram」「YouTube」「TikTok」など、各種SNSサービスも充実したコンテンツを発信中。

SHARE

SOCCERKING VIDEO