FOLLOW US

セルティック、アジアからこの冬さらに2選手を獲得? J1のMVP岩田智輝&“イケメン”で話題の韓国FWチョ・ギュソンか

2022.12.25

セルティックが岩田智輝(左)とチョ・ギュソン(右)獲得へ? [写真]=Getty Images

 セルティックが、横浜F・マリノスの日本代表DF岩田智輝と、全北現代モータースの韓国代表FWチョ・ギュソンの獲得に関心を持っているようだ。24日、イギリスメディア『デイリー・レコード』が報じている。

 報道によると、DFと中盤でプレー可能な岩田をセルティック側は、「1月の契約選手候補リスト」に載せたとのこと。退団が噂されている日本代表MF井手口陽介に代わる人材として、獲得実現の可能性があると伝えられている。

 なお、Jリーグからはすでにヴィッセル神戸のDF小林友希がセルティックへと移籍決定。岩田まで獲得となれば、今冬Jリーグからスコットランドに渡る2人目の選手となる。

 加えて、『デイリー・レコード』は、「私がよく知っている市場で、人々がまだ気づいていない多くの才能がある」と、ポステコグルー監督が早い段階から日本を中心とした東アジア市場への注目と賞賛を語ったかつてのコメントも紹介した。

 また、前線では全北に所属するFWチョ・ギュソンの獲得に向けて接触したことも併せて報道されている。

 岩田は現在25歳。2016年に大分トリニータのトップチームに昇格し、2021シーズンからは横浜FMでプレーし、2年目の2022シーズンは、DF登録で4人目となるJ1リーグMVPを獲得した。センターバックと守備的MFが主戦場となっている。日本代表には、東京五輪世代のチームで臨んだコパ・アメリカでデビュー。ウルグアイとエクアドルを相手に、右SBとして出場した。通算のキャップ数は「4」となっている。

 また、チョは現在24歳。2020年に全北へと入団。兵役に伴い、2021年3月から1年半の間は金泉尚武(キムチョン・サンム)でプレーし、除隊後の2022年9月に復帰。今季のKリーグでは、26試合で14得点を挙げている。韓国代表では2021年9月にデビュー。FIFAワールドカップカタール2022では、グループステージ第2戦のガーナ戦で2ゴールを挙げた。また、大会中はその美貌が話題となり、ウルグアイ代表との試合後に『Instagram』のフォロワーが1日で60万人以上増加したというニュースも流れていた。

 セルティックは現在スコティッシュ・プレミアシップで首位。2連覇へ向けて順調に歩みを進めており、アジア人選手たちの加入でさらに勢いを付けられるか。 

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO