FOLLOW US

前田大然が2戦連発!…セルティック、ハーツとの打ち合い制し4連勝

ゴール後、前田大然を抱き上げる旗手怜央 [写真]=SNS Group via Getty Images

 スコティッシュ・プレミアシップ第12節が22日に行われ、日本人4選手が所属するセルティックは敵地でハート・オブ・ミドロシアン(ハーツ)と対戦した。FW前田大然とMF旗手怜央が先発し、FW古橋亨梧とMF井手口陽介はベンチスタートとなった。

 14分、セルティックが先制する。右サイドの深い位置に流れた旗手が、相手の背後で動き出したアンソニー・ラルストンへ絶妙なスルーパスを供給。ラルストンがペナルティエリア右から折り返すと、最後はジェームズ・フォレストが押し込んだ。

 前半アディショナルタイムにハーツがPKで追いつき同点で折り返すと、後半立ち上がりにはローレンス・シャンクランドがこの試合2点目を決めてホームチームが逆転する。

 セルティックは55分、アーロン・ムーイの左コーナーキックにギオルゴス・ギアクマキスが頭で合わせて試合を振り出しに戻す。さらに59分、ムーイの放ったミドルシュートを相手GKが弾くと、こぼれ球に素早く反応した前田が押し込んでセルティックが勝ち越しに成功した。前田は2試合連続ゴールで今季公式戦3点目となった。

 しかし62分、セルティックは再びハーツにPKを与えると、GKジョー・ハートがセーブしたものの、こぼれ球を押し込まれた。すると、VARによるレビューの結果、複数の選手がキックの瞬間ペナルティエリアに入っていたとして、PKはやり直しに。シャンクランドがやり直しのPKを成功させ、ハーツが再び追いついた。

 それでも、セルティクは76分に再度勝ち越す。リエル・アバダがペナルティエリア右で左足を振り抜くと、シュートは相手DFに当たって軌道が変化。これに反応したグレッグ・テイラーがボールを押し込んだ。

 試合はこのまま終了し、4-3で打ち合いを制したセルティックがリーグ戦4連勝を果たした。なお、前田は66分、旗手は後半アディショナルタイム2分までプレー。古橋と井手口に出番は訪れなかった。

 セルティックの次戦は25日に行われ、チャンピオンズリーグ・グループステージ第5節でシャフタール・ドネツィクと対戦する。

【スコア】
ハート・オブ・ミドロシアン 3-4 セルティック

【得点者】
0-1 14分 ジェームズ・フォレスト(セルティック)
1-1 45+3分 ローレンス・シャンクランド(ハーツ)
2-1 47分 ローレンス・シャンクランド(ハーツ)
2-2 55分 ギオルゴス・ギアクマキス(セルティック)
2-3 59分 前田大然(セルティック)
3-3 64分 ローレンス・シャンクランド(ハーツ)
3-4 76分 グレッグ・テイラー(セルティック)

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO