FOLLOW US

ローマ、フィテッセに苦戦も辛勝…先制のオリヴェイラは終盤に退場

ローマがフィテッセに辛勝 [写真]=ANP via Getty Images

 ヨーロッパカンファレンスリーグ(ECL)ラウンド16ファーストレグが10日に行われ、フィテッセ(オランダ)とローマ(イタリア)が対戦した。

 フィテッセは8分、マキシミリアン・ヴィッテクのボールを受けたロイス・オペンダがボックス中央から右足でシュート。しかし左下に飛んだボールはGKルイ・パトリシオにセーブされる。

 対するローマも10分、ニコロ・ザニオーロからタミー・アブラハムがエリア外からゴールを狙うが、こちらはDFにブロックされ得点とはならない。

 フィテッセはローマより多くシュートを放ち決定機を演出するも、なかなか得点には繋がらない。

 すると45+1分、ローマはコーナーキックのチャンスから、最後はセルジオ・オリヴェイラのシュートがゴールネットを揺らしてローマが先制した。

 後半もフィテッセがローマゴールに迫るがDFのシュートブロックやGKパトリシオのセーブなど、ローマは決死の守備でゴールを割らせない。

 ローマは78分、先制点を決めたセルジオ・オリヴェイラが2回目の警告を受けて退場。ローマは残り10分余りを一人少ない状態で戦うこととなった。

 それでもローマはオリヴェイラの1点を守り切って試合終了。フィテッセに苦戦したローマだがなんとかアウェイで勝利し、ホームでのセカンドレグを1点リードで迎える。

【スコア】
フィテッセ 0-1 ローマ

【得点者】
0-1 45+1分 セルジオ・オリヴェイラ(ローマ)

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO