FOLLOW US

シント・トロイデン、MF香川真司との基本合意を発表「チームの目標を達成するために…」

シント・トロイデンは10日、MF香川真司と選手契約が合意に達したことを発表 [写真]=Getty Images

 シント・トロイデン(STVV)は10日、日本代表MF香川真司と選手契約が基本合意に達したことを発表。また、渡欧後、メディカルチェック等を経て、正式契約が結ばれる予定であることを併せて発表している。

 現在32歳の香川は2006シーズンにセレッソ大阪へ入団すると、2010年にドルトムントへ移籍した。2012年夏からマンチェスター・Uでのプレーを経て、2014年に再びドルトムントへ復帰。その後、ベシクタシュ、レアル・サラゴサに在籍した香川は2021年冬にPAOK(ギリシャ1部)へ加入したものの、同年12月に同クラブと双方合意の上で契約を解除していた。

 香川はシント・トロイデン加入に際し、クラブ公式サイトでコメントを残している。

「初めまして、香川真司です。強い気持ちを持ってSTVVに加入することを決断しました。チームの目標を達成するために、自身のプレーや経験で貢献していきたいです。早く有観客で試合が開催されて、ファン、サポーターの皆さまの前でプレーできる日を楽しみにしています。今後とも応援よろしくお願いいたします」

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO