FOLLOW US

坂元達裕、ベルギー1部への期限付き移籍に基本合意! 「どこかで安定を求めている自分に気付き…」

欧州移籍が決まった坂本 [写真]=Getty Images

 セレッソ大阪は5日、日本代表MF坂元達裕がジュピラー・プロ・リーグ(ベルギー1部)のKVオーステンデへ期限付き移籍することで基本合意に達したことをクラブ公式サイトで伝えた。移籍期間は2022年1月4日~2022年6月30日で、今後は現地でのメディカルチェック等を経て正式契約が結ばれる予定となっている。

 現在25歳の坂本はFC東京U-15むさし、前橋育英高校、東洋大学を経て2019年にモンテディオ山形でプロデビュー。2020年からC大阪に所属し切れ味鋭いドリブルを武器に活躍を見せると、2021年には日本代表へ初選出された。2021シーズンの明治安田生命J1リーグでは、33試合出場6ゴール6アシストを記録した。

 今回の移籍発表に際し、坂本はC大阪の公式サイトで以下のようにコメントしている。

「このたび、ベルギー1部のKVオーステンデに期限付き移籍することが決まりました。まず今回の挑戦を受け入れてくれたセレッソ大阪に心から感謝します。そしてどんな時も会場に足を運んで応援してくれた皆様、テレビの前で応援してくれたファン、サポーターの皆様には感謝してもしきれません。まだ移籍して2年しかたっていませんが、常に背中を押し続けてくれるファン、サポーターの皆様、監督をはじめとするスタッフの方々、そして選手達のおかげで、セレッソ大阪が大好きになりました」

「2021年シーズンは、序盤は納得のいく試合、プレーが出来ていたものの、後半戦は個人としてもチームとしても満足のいく結果が残すことが出来ず、タイトルをかけた試合で決定的な仕事をすることができない不甲斐なさ、自分の力のなさに、このままでいいのか?と考えるようになりました。常に挑戦するという自分のテーマの中で、どこかで安定を求めている自分に気付き、今回新しい地でチャレンジする事を決めました。挑戦するからには後悔しない活躍をします。ここまで自分を成長させてくれたセレッソ大阪に、ここから一回りも、二回りも成長した姿を見せられるように頑張ります!」

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO