FOLLOW US

ティグレスが北中米カリブ海CL初制覇!…35歳FWジニャックの決勝弾でロサンゼルス撃破

UANLティグレスがCONCACAFチャンピオンズリーグ初制覇 [写真]=Getty Images

 北中米カリブ海の王者を決めるCONCACAFチャンピオンズリーグ決勝が22日に行われ、UANLティグレス(メキシコ)とロサンゼルスFC(アメリカ)が対戦した。

 新型コロナウイルスの影響で3月から延期となっていたCONCACAFチャンピオンズリーグは9カ月の中断を経て、12月15日に準々決勝の途中から再開。大会はアメリカ・フロリダ州のオーランドにあるエクスプロリア・スタジアムで集中開催され、各ラウンドは本来のホーム&アウェイ方式ではなく、一発勝負で行われた。

 試合は61分にロサンゼルスが先制。マーク・アンソニー・ケイの絶妙な浮き球パスからディエゴ・ロッシがループシュートを沈めて先制点を奪った。だが、昨季準優勝のティグレスは72分に右CKからウーゴ・アジャラがヘディングシュートを決めて同点に追いつく。

 さらにティグレスは84分、ルイス・アルフォンソ・ロドリゲスがドリブルで持ち上がり、最後はアンドレ・ピエール・ジニャックがエリア前中央からミドルシュートを沈めて逆転に成功した。これが決勝点となり、ティグレスが逆転勝利で初の大会制覇。また、2021年2月にカタールで開催されるFIFAクラブワールドカップの出場権も獲得した。

 なお、決勝ゴールを挙げて優勝の立役者となった35歳の元フランス代表FWジニャックは2015年夏にマルセイユからティグレスに移籍。今大会では6ゴール2アシストを記録して、得点王と最優秀選手賞をダブル受賞している。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO