FOLLOW US

FIFA支援の“欧州プレミアリーグ”発足か…5大リーグ強豪参戦の新大会計画を英メディア報道

欧州の新大会が発足か [写真]=Getty Images

 欧州のビッグクラブが参戦する新大会「ヨーロピアン・プレミアリーグ」の計画が話し合われているようだ。イギリスメディア『スカイスポーツ』が20日に報じた。

 ヨーロピアン・プレミアリーグは、イングランド、スペイン、ドイツ、イタリア、フランスの5大リーグから最大18チームが参戦し、通常の各国リーグと並行して、ホーム&アウェイ方式のリーグ戦を行うという。さらにリーグ戦の上位チームは決勝トーナメントに進出し、タイトルと“数億ポンド”の賞金を懸けて戦うようだ。

 参加チームはまだ各国の強豪クラブと交渉中で、現在はリヴァプールとマンチェスター・Uが話し合いを行っている模様。アーセナル、チェルシー、マンチェスター・C、トッテナムも候補に挙がっているが、イングランドは最大5チームの参加になるという。その他、レアル・マドリード、バルセロナ、アトレティコ・マドリードのスペイン3強をはじめ、イタリアのユヴェントス、ドイツのバイエルン、フランスのパリ・サンジェルマンなどが打診を受けていると見られている。

 大会のフォーマットは現在も協議中のようで、FIFA(国際サッカー連盟)もこの大会の開発に関わっているという。その一方でUEFA(欧州サッカー連盟)が新大会発足を支持しているかは定かではない模様。もし、UEFAの支援がある場合、チャンピオンズリーグの“改良版”として発表されることになるようだが、支援がない場合は現行のチャンピオンズリーグやヨーロッパリーグとの衝突は避けられないようだ。

 暫定的な開幕日は2022年で検討されている。だが、これをUEFAが支持する可能性は低いようだ。チャンピオンズリーグは放映権の契約により、2024年までは現行のフォーマットで行われる見込みのため、それ以前にUEFAが新大会発足を支援することに疑問の声が挙がっている。

 また、大会発足に向けてアメリカ大手銀行『JPモルガン』と60億ドル(約6300億円)の資金提供で話し合いを行っている模様。大会については早くて今月末にも発表が行われる可能性があるようだ。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA