FOLLOW US

レアルとベンフィカ、マリアーノのレンタル移籍で合意…残すは本人の意思のみ

ベンフィカへの移籍が噂されているマリアーノ [写真]=Getty Images

 レアル・マドリードは同クラブに所属しているドミニカ共和国人FWマリアーノ・ディアスベンフィカへレンタル移籍させるようだ。スペインメディア『マルカ』が28日に報じている。

 マリアーノのレンタル移籍について、レアル・マドリードベンフィカは既に合意に至っているという。1年間のレンタル期間に加えて、買い取りオプションも付いた条件のようだ。残すはレアル・マドリードとマリアーノの交渉になるが、現時点で両者は移籍に関する話し合いを行なっていない模様だ。今後の移籍の動向は、マリアーノの意思に全て委ねられることになっている。

 昨年の夏もマリアーノには多くのクラブからオファーが届いたが、最終的には自分自身の意思でレアル・マドリードに残留することを決めていた。2019-20シーズンは公式戦7試合の出場にとどまったものの、リーガ・エスパニョーラ第26節、バルセロナとの“エル・クラシコ”では投入直後にゴールを挙げる活躍を見せた。

 クラブを率いるジネディーヌ・ジダン監督の中で、マリアーノの序列は2019-20シーズンと変わらないという。フランス人FWカリム・ベンゼマ、セルビア代表FWルカ・ヨヴィッチに次ぐ3番手のFWと考えられており、安定した出場機会を確保するこは非常に困難な模様だ。果たして、マリアーノはどのような決断を下すのだろうか。今後の動向に注目が集まっている。

ラ・リーガ観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA