FOLLOW US

南野拓実、欧州王者リヴァプール移籍決定! クラブ初の日本人選手に

リヴァプールに移籍した南野拓実 [写真]=getty Images

 リヴァプールは19日、ザルツブルクから日本代表FW南野拓実を獲得したことを発表した。なお、背番号は「18」に決定している。

 南野はこれでクラブ史上初の日本人選手となり、イギリスの地元紙『リヴァプール・エコー』によると、契約解除金725万ポンド(約10億3000万円)を支払っての獲得となったようだ。デビューは早くて1月5日に行われるFAカップ3回戦のエヴァートンとの“マージーサイド・ダービー”になるという。

 同選手は移籍に際し、次のようにコメントしている。

「ずっと夢でした。リヴァプールの選手になることは僕の夢です。そして夢がかなったことにとても興奮しています。プレミアリーグでプレーすることが僕の目標の一つで、ここは世界トップクラスのリーグです。サッカー選手としてのキャリアが順調にいけばいつかプレーできるようになると思っていましたが、このチームでプレーできるようになるとは思ってもいませんでした。本当に嬉しいし、楽しみにしています」

続けて、クラブでの意気込みを語っている。

「(リヴァプールと対戦したチャンピオンズリーグの)試合からこのチームは非常に高いテクニックと集中力があると思いました。サッカーは非常に高いレベルにあり、彼らはCLの王者です。このチームでプレーできることは本当に幸せです。このチームのメンバーになれたことを本当に嬉しく思います」

「僕の目標はチャンピオンズリーグとプレミアリーグで優勝しチームに貢献することです」

 現在24歳の南野は、2015年1月にセレッソ大阪からザルツブルクに移籍。移籍初年度から徐々に出場機会を掴むと、チームのリーグ優勝に貢献。15-16、16-17シーズンと2シーズン連続で2桁得点を記録した。

 今シーズンはこれまで公式戦22試合に出場し、9ゴール11アシストと好調を維持。チャンピオンズリーグ(CL)・グループステージ第2節では欧州王者のリヴァプール相手に1ゴール1アシストと印象的な活躍を見せていた。

プレミアリーグ観るならDAZN!
1カ月無料キャンペーンはこちら



SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA