FOLLOW US

南野拓実、同点弾アシストで初黒星回避に貢献…ザルツブルクは2戦連続ドロー

南野拓実がアドミラ戦でアシスト記録 [写真]=SEPA.Media /Getty Images

 オーストリア・ブンデスリーガ第16節が12月1日に行われ、日本代表FW南野拓実とMF奥川雅也が所属するザルツブルクはアウェイでアドミラ・ヴァッカー・メードリングと対戦した。南野は先発フル出場で、1アシストをマーク。奥川はベンチスタートで67分から途中出場した。

 12勝3分け無敗で首位を快走するザルツブルクは、16分にシナン・バキスにヘディングシュートを決められてアドミラに先制を許す。その後、なかなか反撃が実らなかったが、77分に右サイドからのクロスをファーサイドの南野が収めて折り返すと、中央のファン・ヒチャンがボレーで同点ゴールを叩き込んだ。

 試合はこのまま終了。ザルツブルクは無敗を守ったものの、2試合連続のドローとなった。次節は12月7日にホームでスワロフスキー・チロルと対戦する。

【スコア】
アドミラ 1-1 ザルツブルク

【得点者】
1-0 16分 シナン・バキス(アドミラ)
1-1 77分 ファン・ヒチャン(ザルツブルク)

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO