2018.12.29

育成上手なあのクラブ…生え抜き選手でベスト11を作ってみた ~スポルティング編~

スポルティング
名プレーヤーを輩出してきたスポルティング [写真]=Getty Images
「フットボール」と「メディア」ふたつの要素を併せ持つプロフェッショナル集団を目指し集まったグループ。

 育成力に長けたクラブを取り上げ、生え抜き選手でベストイレブンを作成するシリーズ。第3回目は、ポルトガル屈指の育成クラブ、スポルティングを紹介する。

*スポルティングの下部組織出身で、現在は他クラブでプレーする現役選手を対象とした

写真=Getty Images

GK ルイ・パトリシオ

ルイ・パトリシオ

スポルティング在籍:~2018年6月
現所属:ウルヴァーハンプトン・ワンダラーズ
国籍:ポルトガル
生年月日:1988年2月15日(30歳)

幼少期はストライカーだったが、スポルティングの下部組織入団後にGKへ転向。すると才能を開花させ、ポルトガル代表の正GKを務めるまでに成長を遂げた。今夏、30歳にして初の移籍を決断。ウルヴァーハンプトン・ワンダラーズに加入し、プレミアリーグの舞台で日々奮闘する。

DF ジョゼ・フォンテ

ジョゼ・フォンテ

スポルティング在籍:~2004年6月
現所属:リール
国籍:ポルトガル
生年月日:1983年12月22日(35歳)

2017年まで8シーズンにわたってサウサンプトンに在籍し、日本代表DF吉田麻也ともセンターバックコンビを組んだフォンテ。ユース時代はスポルティングに所属したが、トップチーム昇格は叶わず。ポルトガル国内のクラブを転々とした後、イングランドでブレイクを果たした。今年2月に中国スーパーリーグの大連一方に移籍したが、半年で退団。欧州に戻って、リールと契約を結んだ。

DF セドリック・ソアレス

セドリック・ソアレス

スポルティング在籍:~2015年6月
現所属:サウサンプトン
国籍:ポルトガル
生年月日:1991年8月31日(27歳)

ポルトガル移民の息子としてドイツで生まれたが、生後まもなくポルトガルへ帰国。8歳でスポルティングの下部組織に入団すると、19歳のときにポルトガルリーグデビューを果たした。2015年にはサウサンプトンへ移籍。スポルティング・ユース出身の先輩であるフォンテの存在が移籍の決め手の一つになったと明かした。

MF エリック・ダイアー

エリック・ダイアー

スポルティング在籍:~2014年7月
現所属:トッテナム
国籍:イングランド
生年月日:1994年1月15日(24歳)

7歳のときに母親の仕事の都合でイングランドからポルトガルへ移住し、スポルティングの下部組織に入団。その後、両親はイングランドに帰国したが、ダイアーはクラブに残った。2012年にプロデビュー。2シーズンで公式戦30試合以上に出場すると、2014年夏に移籍金500万ユーロ(現レートで約6億3000万円)でトッテナムに加入した。

MF ウィリアム・カルヴァーリョ

ウィリアム・カルヴァーリョ

スポルティング在籍:~2018年7月
現所属:ベティス
国籍:ポルトガル
生年月日:1992年4月7日(26歳)

1992年にアンゴラで生まれ、数年後にポルトガルへ移住。2005年にスポルティングの下部組織に入団すると、6年後にトップチームデビューを果たした。2012年1月からは、サークル・ブルッヘ(ベルギー)へレンタル移籍。1年半にわたる武者修行を終えて復帰すると、その後は不動のボランチとして君臨した。今季からベティスに在籍し、中盤の舵取り役として不可欠な存在となっている。

MF ジョアン・マリオ

ジョアン・マリオ

スポルティング在籍:~2016年8月
現所属:インテル
国籍:ポルトガル
生年月日:1993年1月19日(25歳)

2004年に出身地のポルトからスポルティングの下部組織に加入。すると、めきめきと頭角をあらあし、ポルトガルの年代別代表でも常連メンバーとなった。2013-14シーズンからトップチームのレギュラーの座を確保すると、ユーロ2016では優勝を経験。“ポルトガル代表の10番”として評価を高め、4000万ユーロ(現レートで約50億円)の移籍金と引き換えに、インテルに加入した。

MF ジョアン・モウチーニョ

ジョアン・モウチーニョ

スポルティング在籍:~2010年7月
現所属:ウルヴァーハンプトン・ワンダラーズ
国籍:ポルトガル
生年月日:1986年9月8日(32歳)

日本代表MF中島翔哉が所属するポルティモネンセで本格的にサッカーを始め、2000年にスポルティングの下部組織に入団。Bチーム時代には、現韓国代表指揮官のパウロ・ベント氏の指導のもと、ナニやミゲウ・ヴェローゾ(現ジェノア)と共にプレーした。トップデビュー後も中心選手として活躍していたが、2010年にポルトへ電撃移籍。優勝を争うライバルチームへの移籍は物議を醸した。

MF アドリエン・シウヴァ

アドリエン・シウヴァ

スポルティング在籍:~2017年8月
現所属:レスター
国籍:ポルトガル
生年月日:1989年3月15日(29歳)

ポルトガル人の父とフランスの母のもと、フランスの地方都市で生まれた。ボルドーの下部組織に在籍したこともあるが、父の仕事の関係でポルトガルに移り住むと、スポルティングの下部組織に入団。2007年にプロ契約を結び、まもなくトップチームデビューを飾った。昨年夏にレスターへの移籍が決まるまで、公式戦200試合以上に出場。2013年にはクラブ年間最優秀選手に輝いている。

MF ジェルソン・マルティンス

ジェルソン・マルティンス

スポルティング在籍:~2018年7月
現所属:アトレティコ・マドリード
国籍:ポルトガル
生年月日:1995年5月11日(23歳)

C・ロナウド、クアレスマ、ナニら優秀なドリブラーを輩出してきたスポルティング・ユースの最新傑作。大西洋に浮かぶカーボベルデで生まれ、10代でポルトガルに移住。ベンフィカの下部組織からスポルティングのユースチームに移籍し、2015年にプロデビューを飾った。最大の武器は、爆発的なスピードと繊細なテクニック。今夏、アトレティコ・マドリードへのステップアップを果たし、今後のさらなる飛躍が期待される。

FW クリスティアーノ・ロナウド

クリスティアーノ・ロナウド

スポルティング在籍:~2003年8月
現所属:ユヴェントス
国籍:ポルトガル
生年月日:1985年2月5日(33歳)

12歳のときに受けたトライアルで実力を認められ、スポルティングの下部組織に入団。その後、急成長を遂げて、2002年に17歳でポルトガルリーグデビューを果たした。1年目で25試合に出場すると、2年目のプレシーズンにマンチェスター・Uと対戦。スター選手たちを相手に堂々たるパフォーマンスを披露したことが評価され、急転直下で移籍することが決まった。

FW リカルド・クアレスマ

リカルド・クアレスマ

スポルティング在籍:~2003年7月
現所属:ベシクタシュ
国籍:ポルトガル
生年月日:1983年9月26日(35歳)

地元リスボンで生まれ、17歳のときにトップチームへの昇格を果たす。トリッキーなドリブラーとしてピッチ上で異彩を放つと、19歳でバルセロナへの移籍を勝ち取った。しかし、あまりにも特異なプレースタイルはチーム戦術との親和性が低く、その後に在籍したインテルやチェルシーでも輝きを放てなかった。それでも、ユーロ2016ではスーパーサブとして優勝に貢献。ベシクタシュに所属する現在も、円熟味を増したプレーで観客を魅了している。

(記事/Footmedia)

育成上手なクラブのベスト11のバックナンバー

欧州リーグ順位表

リヴァプール
57pt
マンチェスター・C
53pt
トッテナム
48pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
42pt
バイエルン
36pt
ボルシアMG
33pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
43pt
アトレティコ・マドリード
38pt
セビージャ
33pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
53pt
ナポリ
44pt
インテル
39pt
欧州順位をもっと見る