2018.07.10

F・トーレス、7月10日に移籍先を発表へ…日本や中国、豪州などが候補か

フェルナンド・トーレス
17-18シーズン限りでアトレティコを退団したF・トーレス [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 元スペイン代表FWフェルナンド・トーレスが9日に自身のツイッターを更新し、10日に移籍先を発表することを明かした。

 F・トーレスは「明日10日の火曜日、9時30分(日本時間の16時30分)に新しい電子書籍のプレゼンテーションに参加するよ。そこで自分の新天地を発表したいと思っている」とツイート。マドリードで開催されるイベントにて、移籍先を発表する意向を明かした。

 F・トーレスは2017-18シーズン限りでアトレティコ・マドリードを退団し、去就に注目が集まっている。5月22日付のスペイン紙『マルカ』がサガン鳥栖からのオファーを報じ、中国スーパーリーグの北京人和やメジャーリーグ・サッカー(MLS)のシカゴ・ファイアーも新天地候補として挙げられていた。

 さらに8日付の大手メディア『ESPN』は、オーストラリアのシドニーFCが外国籍選手枠や外国籍選手枠やマーキープレーヤー(サラリーキャップ制の制限を受けずに年俸を設定できる選手)枠を空け、F・トーレス獲得に向けた動きを見せているとも報じている。

 果たして、F・トーレスの新天地はどのクラブになるだろうか。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
3pt
チェルシー
3pt
ボーンマス
3pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る