2018.03.29

マンUのDFジョーンズ、イブラとの別れを惜しむ「重要な人物だった」

フィル・ジョーンズとイブラヒモヴィッチ
イブラ(右)がチームに与えた影響を語ったジョーンズ(左) [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 マンチェスター・Uに所属するイングランド代表DFフィル・ジョーンズが、今月23日にロサンゼルス・ギャラクシーへと移籍した元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモヴィッチとの別れを惜しんだ。28日付のイギリス紙『デイリー・スター』がジョーンズのコメントを伝えている。

 2016年夏にマンチェスター・Uへと加入したイブラヒモヴィッチは、1年目の2016ー17シーズンに公式戦46試合出場28得点を記録する活躍を見せる。しかし、2017年4月に膝の靭帯を負傷し、長期離脱を余儀なくされていた。昨年11月に復帰を果たすも、負傷の影響もありあまり出場機会を得られていなかった。

 ジョーンズはイブラヒモヴィッチの影響力に言及し、同選手がピッチ内だけでなくピッチ外でも重要な人物であったことを明かした。

「ズラタンは本当に素晴らしい選手だった。昨シーズン、彼は何度も僕たちを勝利に導くゴールを決めてくれた。また、彼はピッチ上で重要な役割を果たすだけでなく、ロッカールームなどのピッチ外でも僕らに大きな影響をもたらした。チームとってとても重要な人物だったんだ。彼の退団は本当に残念だ。彼なら今後も素晴らしいキャリアを歩めると信じている」

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
100pt
マンチェスター・U
81pt
トッテナム
77pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る