2018.03.26

レアル、今夏もアメリカツアー計画か…ペレス会長はアジア希望

フロレンティーノ・ペレス
レアル・マドリードは今夏もアメリカでプレシーズンを過ごすのだろうか [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 レアル・マドリードは今夏もアメリカでプレシーズンマッチを行う可能性が浮上した。24日、スペイン紙『アス』が報じた。

 レアル・マドリードは昨夏もアメリカで開催された「インターナショナル・チャンピオンズ・カップ」(ICC)に参加し、マンチェスター・U、マンチェスター・C、バルセロナと対戦した。

 同大会の運営トップであるチャーリー・スティリターノ氏が先週マドリードを訪れ、レアル・マドリードのフロレンティーノ・ペレス会長をはじめクラブの首脳陣と会談したようだ。同紙によると、スティリターノ氏はその会談で今夏もアメリカで行われるICCに誘致し、両者はアメリカツアーの可能性について話し合ったようだ。

 チャンピオンズリーグ(CL)準々決勝でレアル・マドリードが対戦するユヴェントスはいち早く8月にアメリカでメジャーリーグサッカーのオールスターチームと対戦することを発表している。そのため、今夏もアメリカで再戦する可能性もあるようだ。

 しかし、ペレス会長は、商業的な面から今年はアジアツアーを望んでいるという。今シーズンのCLの結果もプレシーズンの日程を左右し、また今夏は2018 FIFA ワールドカップ ロシアの開催もあるため、正式に決定するのは当分先になりそうだ。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
20pt
チェルシー
20pt
リヴァプール
20pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
17pt
ライプツィヒ
14pt
ボルシアMG
14pt
欧州順位をもっと見る
セビージャ
16pt
バルセロナ
15pt
アトレティコ・マドリード
15pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
24pt
ナポリ
18pt
インテル
16pt
欧州順位をもっと見る