FOLLOW US

R・カルロス氏が航空会社「エア・アジア」のアンバサダーに就任

エア・アジアのグローバル・アンバサダーに就任したR・カルロス氏 [写真]=Getty Images

 マレーシアの航空会社「エア・アジア」が同社のグローバル・アンバサダーに元ブラジル代表DFロベルト・カルロス氏を起用したことを発表した。

 クアラルンプールで行われた式典で同氏の就任が発表され、同氏はエア・アジアのサッカー関連事業で提携するようだ。

「エア・アジアグループ」の最高経営責任者を務めるトニ―・フェルナンデス氏はR・カルロス氏とのパートナーシップに喜んでいる。

「彼のような“伝説”を起用できてうれしいです。ロベルト・カルロスのこれまでの活躍はエア・アジアにとって素晴らしいものになるでしょう。当社の文化や長期にわたる目標と合致しています。12歳でプロサッカー選手になる夢を見て、本当にワールドカップではフランス代表相手にフリーキックを決め優勝してしまった。彼は何かをすると決めたなら最後までやり抜くということを示しています」

 また、同氏も以下のようにコメントを残し、アンバサダー就任に興奮を隠せないようだ。

「ブラジルには『私たちが苦しんでいるからこそ、サッカーには価値がある』という言葉がある。これは、あなたがどこの誰であったとしても、あなたが信じ必死に働いてさえいれば、成功できるという意味だ。エア・アジアというブランドを背負えることに非常に興奮しているし、夢が実現しました」

 R・カルロス氏はブラジル代表としてワールドカップ(W杯)に3回出場。2002年の日韓W杯ではその“悪魔の左足”でブラジル代表を優勝に導いた。レアル・マドリード所属時代にはリーガ4回、チャンピオンズリーグ3回優勝している。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO