2018.01.16

カンボジアでミズノ契約選手第1号が誕生…ティヴァ「誇りに思う」

カンボジア人のサッカー選手で初めてミズノと契約したブラック・ティヴァ(右)
サッカー総合情報サイト

 ミズノは1月16日、カンボジアリーグのプノンペン・クラウンFC(Phnom Penh Crown FC)に所属するMFのブラック・ティヴァ(Brak Thiva)とのスポンサー契約締結を発表した。

 カンボジアで初めてのミズノ契約選手で、ティヴァは1年間ミズノ製サッカーシューズを使用し、同社の宣伝・広報活動に協力していく。同選手はカンボジア代表としてSEA Games(23歳以下の東南アジア競技大会)やトップ代表にも選ばれており、将来が期待されている有望株。カンボジアにおけるミズノの活動については日系サッカー事業会社GFA Soriyaがパートナーとして提携し、今回の契約をサポートとしている。

 ミズノシンガポールの田谷潔社長は「カンボジアのフットボールシーンでのミズノの存在を促進する選手として、ブラック・ティヴァ選手は重要な役割を果たしていると考えております。私たちはスポーツ選手を通じてスポーツを促進するというブランドの立場から強く支持されており、ブラック・ティヴァ選手にプロとしてのキャリアをサポートできることを光栄に感じております」とコメント。

 今回契約を結んだティヴァは「ミズノより選んで頂いたことに心より感謝しており、誇りに思っています」と喜びを明かし、「私はミズノのスパイクが以前から使い心地が良かったと感じており、それはボールのタッチ、コントロール、キックの質を良くするのに非常に優れたもので、さまざまな状況に適したスパイクだと思っています。今後は自分のパフォーマンスを向上をカンボジアのために、そしてミズノのためにさらに目指していきたいと思います」と続けた。

 GFAの代表、斉藤泰一郎氏は「カンボジアのサッカーは現在、チャレンジとチャンスにあふれた大きな進歩のタイミングにあります。ブラック・ティヴァ選手については、将来のカンボジアのサッカーを担うであろう選手の質だけでなく、野心からくる勤勉さ、そしていいアスリートであろうとする人間性も感じております。我々は彼のキャリアの一部となることを光栄に思っており、この契約がブラック・ティヴァ選手とカンボジアのサッカーの両方にいい影響をもたらすことを期待してサポートしていきます」と話している。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
20pt
チェルシー
20pt
リヴァプール
20pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
17pt
ライプツィヒ
14pt
ボルシアMG
14pt
欧州順位をもっと見る
セビージャ
16pt
バルセロナ
15pt
アトレティコ・マドリード
15pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
24pt
ナポリ
18pt
インテル
16pt
欧州順位をもっと見る