2017.11.07

イブラヒモヴィッチ、トロフィープレゼンターとして古巣の優勝を祝う

ズラタン・イブラヒモヴィッチ
古巣の優勝に駆け付けたイブラヒモヴィッチ [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 マンチェスター・Uに所属する元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモヴィッチが、プロキャリアスタートさせた古巣マルメの優勝を祝福しているようだ。6日、イギリスメディア『The SPORT Bible』が伝えている。

 マルメは今シーズン、スウェーデン1部リーグ(アルスヴェンスカン)を制し、通算20回目のリーグ優勝を果たした。イブラヒモヴィッチは、マルメの優勝セレモニーでトロフィープレゼンターを担うために、古巣に駆け付けたことが明らかになった。

 イブラヒモヴィッチからトロフィーを受け取ったマルメのキャプテンを務める元スウェーデン代表FWマルクス・ローセンベリは、次のように喜びを語った。

「もちろん、彼からトロフィーを受け取ることは特別だよ。彼はこのクラブとスウェーデンのアイコンだからね」

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
65pt
マンチェスター・U
53pt
チェルシー
50pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
44pt
レヴァークーゼン
31pt
ライプツィヒ
31pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
51pt
アトレティコ・マドリード
43pt
バレンシア
40pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
51pt
ユヴェントス
50pt
インテル
42pt
欧州順位をもっと見る