2017.10.14

アメリカ代表、アリーナ監督が辞任「これからの成功を願っている」

アリーナ
監督を辞任したアリーナ氏 [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 アメリカサッカー連盟(USSF)は13日、ブルース・アリーナ代表監督の辞任を発表した。

 2018 FIFAワールドカップロシア北中米カリブ海予選で5位に終わり、本大会出場権を獲得することはできなかった。1986年のW杯メキシコ大会以来の予選敗退を喫している。

 アリーナ氏は2016年11月、前監督ユルゲン・クリンスマン氏の解任に伴い代表監督の座に座った。2017年にはCONCACAFゴールドカップの優勝も果たしている。

 予選最終節でトリニダード・トバゴに敗れたアリーナ氏は「アメリカ代表にとって悲しいことであり、改善点を見つけなければいけない。新たなプロジェクトはすでに始まっているし、これからのアメリカサッカーの成功を願っている」とコメントを残した。

 なお、後任監督についての情報は公表されていない。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
87pt
マンチェスター・U
74pt
リヴァプール
70pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
75pt
シャルケ
55pt
レヴァークーゼン
51pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
83pt
アトレティコ・マドリード
71pt
レアル・マドリード
68pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
85pt
ナポリ
81pt
ローマ
64pt
欧州順位をもっと見る