2017.04.30

アルビ新潟S、負傷者や退場者を出しながら大量4得点で今季6勝目/Sリーグ第7節

今季6勝目を手にしたアルビレックス新潟シンガポールが首位を守った
サッカー総合情報サイト

 29日、Sリーグ第7節でアルビレックス新潟シンガポールはホームにウォーリアーズFCを迎えた。アルビレックス新潟シンガポールは引き分けを挟んで5連勝、勝点16で首位を走る。対するウォーリアーズは、4勝2分の勝点14で3位。無敗同士の上位決戦となった。

 開始直後、試合はいきなり動く。6分、左からのCKを阪本翔一朗が押し込み、アルビレックス新潟シンガポールが先制する。続く13分には秋山拓也からのロングボールを佐野翼が裏に抜け出してトラップ。飛び出してきた相手GKを確認すると、巧みなコントロールでループシュートを決めた。

 早々に2点のリードを奪い、試合の主導権を握ったアルビレックス新潟シンガポールだが、22分に元田龍矢が負傷交代。45分に相手との交錯で免田朋己が一発退場となり、10人での戦いを余儀なくされる。

 一人少なくなったがアルビレックス新潟シンガポールだが、53分に長崎健人が直接FKをねじ込み、60分に阪本がこの日2点目を決めて大量4点のリードを奪う。67分、77分に失点を喫するものの、4-2で逃げ切り、今季6勝目。勝点を19とし、首位を守った。

【スコア】
アルビレックス新潟シンガポール 4-2 ウォーリアーズFC

【得点】
1-0 6分 阪本翔一朗(アルビレックス新潟シンガポール)
2-0 14分 佐野翼(アルビレックス新潟シンガポール)
3-0 53分 長崎健人(アルビレックス新潟シンガポール)
4-0 60分 阪本翔一朗(アルビレックス新潟シンガポール)
4-1 67分 Jordan Westley Webb(ウォーリアーズFC)
4-2 77分 Mohammad Shahril Bin Ishak(ウォーリアーズFC)

欧州リーグ順位表

リヴァプール
42pt
マンチェスター・C
41pt
トッテナム
36pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
36pt
ボルシアMG
29pt
バイエルン
27pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
31pt
セビージャ
28pt
アトレティコ・マドリード
28pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
43pt
ナポリ
35pt
インテル
29pt
欧州順位をもっと見る