2017.02.10

ポーランドがFIFAランク史上最高の14位に 3年半前は過去最低の78位

ユーロ2016では史上最高成績のベスト8だったポーランド代表 [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 ポーランドサッカー協会(PZPN)は9日、同国代表のFIFAランキングが史上最高位となったことを発表した。

 FIFA(国際サッカー連盟)は9日に最新のFIFAランキングを発表。ポーランドは前回から1つ上げて14位に浮上した。PZPNの公式サイトは、現在チームを率いるアダム・ナヴァウカ監督が就任以降の快進撃を紹介している。

 ポーランドのこれまでのFIFAランキング史上最高位は昨年の15位だが、それ以前だと2007年の16位。それ以降、2010年と2014年のワールドカップ出場を逃し、開催国となった2012年のユーロでもグループステージ敗退を喫するなど、近年までは低迷していた。

 ナヴァウカ監督は2013年10月に就任。当時、ポーランドのFIFAランキングは過去最低の78位にまで沈んでいた。デビュー戦となったスロヴァキア代表戦は0-2と敗戦。しかしながら、2014年10月にユーロ2016予選でワールドカップ覇者のドイツ代表を撃破し、本大会では過去最高のベスト8進出を果たした。同監督は就任から約3年半で35試合を指揮し、18勝4敗13分けの好成績を残している。

 ポーランドは、FIFAワールドカップ ロシア 2018の欧州予選グループEに所属。3勝1分けで首位に立っており、2006年大会以来の出場を目指している。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
32pt
リヴァプール
30pt
チェルシー
28pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
27pt
ボルシアMG
23pt
ライプツィヒ
22pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
24pt
セビージャ
23pt
アトレティコ・マドリード
23pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
34pt
ナポリ
28pt
インテル
25pt
欧州順位をもっと見る