FOLLOW US

チュニジアが2位でベスト8入り…アルジェリアはドローでGS敗退/アフリカ選手権

得点を喜ぶチュニジアの選手たち [写真]=Icon Sport via Getty Images

 アフリカ・ネーションズカップ2017のグループステージ第3戦が23日に行われ、グループBの2試合が行われた。

 グループBは前回大会ベスト8のアルジェリアとチュニジア、そして優勝候補のセネガルとジンバブエが同居。セネガルが2連勝でグループステージ突破を決め、残りの1枠を3カ国が争う。

 同時開催の第3戦はジンバブエ対チュニジア、セネガル対アルジェリアの2試合が行われた。ジンバブエ対チュニジアの一戦は、序盤からチュニジアが攻勢をかける。9分、左CKを獲得するとワフビ・ハズリ(サンダーランド/イングランド)のクロスが相手DFに当たり、エリア手前にこぼれる。これをナイム・スリティ(リール/フランス)がミドルシュートを蹴り込み、チュニジアが先制に成功した。14分にジンバブエがビッグチャンスを逃すと、22分にチュニジアが追加点。ユセフ・ムサクニ(レフウィア/カタール)がスリティとのワンツーからGKの股下にゴールを蹴り込んだ。36分にはハムディ・ナグエズ(エトワール・サヘル)のスルーパスに抜け出したタハ・ヤシン・ケニシ(エスペランス)がダイレクトシュートを決めて3点差をつけた。

 ジンバブエは42分にノリッジ・ムソナ(オーステンデ/ベルギー)が1点を返したが、44分にPKを献上。これをハズリが決め、チュニジアが再び3点差をつけた。後半に入ると、ジンバブエが58分にテンダイ・エンドロ(オーランド・パイレーツ/南アフリカ)が決めて再度2点差に詰め寄ったが、追いつくことはできずに4-2で試合終了。チュニジアが今大会2勝目を挙げた。

 セネガル対アルジェリアの試合は、メンバーを落としたセネガルに対してアルジェリアが先手を取る。10分、左サイドを駆け上がったソフィアン・ハンニ(アンデルレヒト/ベルギー)のクロスをイスラム・スリマニ(レスター/イングランド)がダイレクトで合わせて先制に成功。しかし、セネガルは43分にパパ・クリ・ディオプ(エスパニョール/スペイン)がボレーシュートを決めて同点に追いついた。

 アルジェリアは52分、右サイドのリヤド・マフレズ(レスター)がクロスを上げると、ファーサイドのスリマニがワントラップからシュートを放った。ミートしきれずに浮き上がったボールをDFがクリアしたかに思われたが、ゴールラインを割っていたとして得点が認められた。しかし、直後の54分にセネガルのムサ・ソウ(フェネルバフチェ/トルコ)がミドルシュートを決めて2-2の同点とした。その後は勝利が必要なアルジェリアが猛攻を仕掛けたが、勝ち越すことができずにドローで試合終了した。

 この結果、すでに突破を決めているセネガルが首位通過、チュニジアが2位で決勝トーナメント進出を決めた。一方、優勝候補にも挙げられていたアルジェリアが3位でグループステージ敗退、ジンバブエが最下位で大会を終えた。

■グループB
ジンバブエ 2-4 チュニジア
セネガル 2-2 アルジェリア

■グループB(試合数/勝ち点/勝/分/負/得失点)
1 セネガル(3/7/2/1/0/4)
2 チュニジア(3/6/2/0/1/1)
3 アルジェリア(3/2/0/2/1/-1)
4 ジンバブエ(3/1/0/1/2/-4)

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA