2017.01.22

ガーナが2連勝で8強進出…エジプトも苦しみながら大会初勝利/アフリカ選手権

ガーナ代表
得点を喜び、ダンスを踊るガーナ代表の選手たち [写真]=Anadolu Agency/Getty Images
サッカー総合情報サイト

 アフリカ・ネーションズカップ2017のグループステージが21日に行われ、グループD第2戦の2試合が行われた。

 グループDは、ガーナとウガンダ、エジプト、マリの4カ国が突破を争う。第1戦を終え、唯一勝ち点3を挙げたガーナ代表が首位、2位にエジプト代表とマリ代表が並び、最下位にウガンダ代表が続いている。

 第1試合ではガーナとマリが対戦した。試合は序盤からガーナが攻勢に出ると、21分に右サイドのジョーダン・アイェウ(アストン・ヴィラ/イングランド)が上げたクロスを、中央のアサモア・ギャン(アル・アハリ/UAE)が頭で合わせて先制に成功する。後半に入ると、1点を追うマリが一方的に攻め立てる格好になったが、GKブリマー・ラザク(コルドバ/スペイン)を中心にガーナが守りきり、2連勝で決勝トーナメント進出を決めた。

 第2試合ではエジプトとウガンダが対戦。試合は地力で勝るエジプトのペースで進む。モハメド・サラー(ローマ/イタリア)を中心に何度もウガンダのゴールに迫ったが、なかなかゴールを割ることができない。一方、ウガンダも数少ないセットプレーのチャンスを生かしたいところだが、キックの精度を欠いて決定機を作り出せない。52分にウガンダはジョセフ・オチャヤ(KCCA)がゴールネットを揺らしたが、オフサイドの判定で得点は認められなかった。

 このままスコアレスで終わるかと思われた89分、エジプトが左サイドから攻め込むと、マフムード・カハラバ(アル・イティハド/サウジアラビア)がエリア手前のサラーへパス。サラーが相手DFを引きつけると、右サイドに走り込んだアブダラー・サイード(アル・アハリ)がGKの股下を抜く強烈なシュートを蹴り込み、エジプトが土壇場で先制した。このまま1-0でエジプトがウガンダを下し、今大会初勝利を収めた。

 以上の結果、グループDの首位はガーナで、2位がエジプト。マリが3位に転落し、ウガンダの最下位は変わらなかった。

■グループD
ガーナ 1-0 マリ
エジプト 1-0 ウガンダ

■グループD(試合数/勝ち点/勝/分/負/得失点)
1 ガーナ(2/6/2/0/0/2)
2 エジプト(2/4/1/1/0/1)
3 マリ(2/1/0/1/1/-1)
4 ウガンダ(2/0/0/0/2/-2)

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
100pt
マンチェスター・U
81pt
トッテナム
77pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る