2016.11.30

元シャペコエンセDFが悲痛の叫び「ファイナル進出を勝ち取ったばかりだった」

CHAPECO, BRAZIL - NOVEMBER 29: Tribute to the players of Brazilian team Chapecoense Real who were killed in a plane accident in the Colombian mountains, at the club's Arena Conda stadium in Chapeco, in the southern Brazilian state of Santa Catarina, on November 29, 2016. Players of the Chapecoense were among 81 people on board the flight that crashed into mountains in northwestern Colombia, in which officials said just six people were thought to have survived, including three of the players. Chapecoense had risen from obscurity to make it to the Copa Sudamericana finals scheduled for Wednesday against Atletico Nacional of Colombia . (Photo by Heuler Andrey/Getty Images)
29日に起きた事故で多くのシャペコエンセの選手が犠牲となってしまった [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 シャペコエンセ(ブラジル1部)の選手たちを乗せた飛行機が墜落した大惨事を受けて、2009年に同クラブでプレーしていた現ヴェローナ(セリエB)所属のブラジル人DFロムロが悲痛な叫びをあげた。ヴェローナの公式サイトがコメントを伝えている。

 ロムロは、「今日は悲しい一日になりました。僕は2009年にシャペコエンセでプレーしていました。飛行機に乗っていた多くの人たちを知っています。選手たちだけでなく、幹部や記者たちも知っていました。おぞましい悲劇です」と今回の事故について言及。

「シャペコエンセでプレーしたときのことを良く覚えています。飛行機に搭乗していた選手たちとカタリネンセ・リーグのファイナルを勝ち取りました。シャペコエンセの人たちとは連絡が取れていません。なぜなら彼らの99パーセントが飛行機に乗っていたからです。犠牲者の家族のために祈ります」と在籍していた頃を振り返るとともに、哀悼の意を表した。

 そして、「僕はシャペコエンセで、本当に良い思いをしました。ヴェローナはシャペコエンセを思い起こさせますが、(シャペコエンセは)歴史も浅く、勝ち取ったタイトルも僅かなものです。しかし、とても組織され、素晴らしいサポーターがいます。彼らはいつもスタジアムで応援してくれました。チームはブラジルのサッカーの歴史に足を踏み入れたばかりでした。(コパ・スダメリカーナ)ファイナル進出を勝ち取ったばかりでしたから。ブラジルのクラブにとってはそれほど重要なタイトルではないかもしれませんが、チームは野心を抱いていました」と述べ、コパ・スダメリカーナ決勝の会場へ向かう途中で古巣を襲った悲惨な事故を嘆いた。

欧州順位ランキング

チェルシー
31pt
リヴァプール
30pt
マンチェスター・C
30pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
30pt
ライプツィヒ
30pt
ヘルタ・ベルリン
24pt
欧州順位をもっと見る
レアル・マドリード
33pt
バルセロナ
27pt
セビージャ
27pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
33pt
ローマ
29pt
ミラン
29pt
欧州順位をもっと見る