2016.11.16

6連勝のブラジルが首位独走…アルゼンチンが5戦ぶり白星で5位浮上/南米予選第12節

(左から時計回りで)ブラジル、アルゼンチン、チリなどが勝利を収めた [写真]=LatinContent/Getty Images
サッカー総合情報サイト

 2018 FIFAワールドカップ ロシア 南米予選第12節の5試合が15日に各地で行われた。

 5連勝で首位に立つブラジル代表は、敵地で8位のペルー代表と対戦。前半はスコアレスで折り返したが、57分にガブリエウ・ジェズスのゴールで先制に成功する。さらに78分、G・ジェズスのパスを受けたレナト・アウグストが追加点を挙げ、2-0で完封勝利。連勝を6に伸ばし、首位をキープした。

 4試合連続で白星から遠ざかるアルゼンチン代表は、現在6位とW杯出場圏外に低迷。今節は3位のコロンビア代表をホームに迎えた。開始10分にリオネル・メッシの直接フリーキックで幸先良く先制に成功すると、23分にはメッシのクロスにルーカス・プラットが頭で合わせて追加点を奪った。後半にも1点を追加したアルゼンチンが3-0と完封勝利を収め、5位に浮上した。

 2位ウルグアイ代表は5位チリ代表と敵地で対戦。エディンソン・カバーニの得点で先制したが、アレクシス・サンチェスの2ゴールなどで1-3と逆転負けを喫した。また、4位エクアドル代表はホームでベネズエラ代表に快勝。最下位に沈んでいたボリビア代表はホームでパラグアイ代表に勝利を収めた。

 この結果、コロンビア代表がW杯出場圏外の6位に転落。次節は2017年3月23日、ウルグアイ対ブラジル、アルゼンチン対チリの上位対決が行われる。W杯出場圏内に復帰したいコロンビアはボリビアをホームに迎える。

■2018 ロシア・ワールドカップ南米予選 第12節結果
ボリビア 1-0 パラグアイ
エクアドル 3-0 ベネズエラ
アルゼンチン 3-0 コロンビア
チリ 3-1 ウルグアイ
ペルー 0-2 ブラジル

■2018 ロシア・ワールドカップ南米予選 第12節 順位表(勝ち点/得失点差)

1位 ブラジル(27/+19)
2位 ウルグアイ(23/+13)
3位 エクアドル(20/+6)
4位 チリ(20/+4)
5位 アルゼンチン(19/+2)
6位 コロンビア(18/0)
7位 パラグアイ(15/-6)
8位 ペルー(14/-2)
9位 ボリビア(7/-21)
10位 ベネズエラ(5/-15)

(上位4チームがワールドカップ出場権獲得、5位のチームはオセアニア首位チームとの大陸間プレーオフへ)

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
13pt
マンチェスター・U
13pt
チェルシー
10pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
13pt
バイエルン
12pt
ホッフェンハイム
11pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
15pt
セビージャ
13pt
アトレティコ・マドリード
11pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
15pt
ユヴェントス
15pt
インテル
13pt
欧州順位をもっと見る