2016.11.14

C・ロナ、代表通算ゴール数で欧州4位に浮上…クローゼ氏まであと3得点

C・ロナウド
ラトビア代表戦で2ゴールを挙げたC・ロナウド [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 レアル・マドリードに所属するポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが、代表通算ゴール数で欧州史上第4位に浮上したようだ。13日付のイギリス紙『デイリーミラー』が伝えている。

 ポルトガル代表は2018 FIFAワールドカップ ロシア 欧州予選グループBの第4節でラトビア代表とホームで対戦。C・ロナウドが2得点を奪うなど、4-1と勝利を収めた。

 同紙によると、C・ロナウドはこれでポルトガル代表通算ゴール数を68に伸ばした。元アイルランド代表FWロビー・キーン、元ドイツ代表FWゲルト・ミュラー氏に並び、欧州では歴代4位タイの記録となった。

 欧州で史上最多ゴールを記録しているのは、ハンガリー代表とスペイン代表で計84ゴールを挙げているフェレンツ・プスカシュ氏。2位は元ハンガリー代表FWシャーンドル・コチシュ氏、3位は、先日に現役引退を発表した元ドイツ代表FWミロスラフ・クローゼ氏が入っている。C・ロナウドはラトビア戦の2ゴールで、クローゼ氏まで残り3得点と迫った。

 ポルトガル代表は、ラトビア戦の勝利でW杯欧州予選3連勝とし、首位のスイス代表と勝ち点差「3」の2位につけている。次節は2017年3月25日、同3位のハンガリー代表とホームで対戦する。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
65pt
マンチェスター・U
53pt
チェルシー
50pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
44pt
レヴァークーゼン
31pt
ライプツィヒ
31pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
51pt
アトレティコ・マドリード
43pt
バレンシア
40pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
51pt
ユヴェントス
50pt
インテル
42pt
欧州順位をもっと見る