2016.09.20

レンジャーズ、悪童バートンに3週間の謹慎処分を科す 同僚との口論が原因

バートン
3週間の謹慎処分が決定したレンジャーズのバートン [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 スコティッシュ・プレミアシップ(スコットランド1部)のレンジャーズは19日、クラブに所属する元イングランド代表MFジョーイ・バートンに対し、3週間の謹慎処分を科すことをクラブ公式HP上で発表した。

 現在34歳のバートンは、今夏にフリーでスコットランドのレンジャーズへ加入。10日に開催された第5節のセルティック戦までリーグ全試合に出場していた。しかし、1-5で敗れたセルティック戦後、トレーニング中にチームメートのスコットランド人MFアンディ・ハリデイと口論になり、指揮官のマーク・ワーバートン監督は、バートンを週明けの19日までチームから隔離すると決断していた。

 そして隔離期間最終日の19日、クラブは公式サイトを通じてバートンをさらに3週間チームから引き離すことを決断。「3週間という時間は、起きたことを評価するためにクラブと選手の双方にとって必要なことだ」と謹慎処分を科した理由について説明した。

 セルティックに敗れたレンジャーズは、続く17日に開催されたロス・カウンティ戦でスコアレスドロー。ここまでリーグ6試合を終え、2勝3分け1敗の勝ち点9ポイントで暫定5位につけている。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
90pt
マンチェスター・U
74pt
リヴァプール
71pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
78pt
シャルケ
56pt
ドルトムント
54pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
83pt
アトレティコ・マドリード
72pt
レアル・マドリード
68pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
85pt
ナポリ
84pt
ローマ
67pt
欧州順位をもっと見る