2016.09.05

コソボ代表が歴史的一戦へ 初のW杯予選も、南野同僚ら6名は出場不可か

南野(左)が所属するザルツブルクのコソボ代表MFベリシャ(右)(写真は昨年5月) [写真]=Bongarts/Getty Images
サッカー総合情報サイト

 今年5月に国際サッカー連盟(FIFA)からFIFAへの加盟が認められ、2018 FIFAワールドカップ ロシア 欧州予選に参加することが決定したコソボ代表。5日に同予選の初戦を迎え、フィンランド代表と対戦する。

 しかしながら、いまだに6名の選手がFIFAから出場の許可を得られていないという。4日、イギリスメディア『BBC』など複数のメディアが伝えている。

 同メディアによると、許可待ちとなっているのは、MF南野拓実が所属するザルツブルクのMFヴァロン・ベリシャや、セリエBのピサに所属するGKサミル・ウイカニら6選手。各選手はアルバニア代表やノルウェー代表での出場経験があり、A代表チームを選び直すのにはFIFAの承認が必要となる。

 コソボ代表のアルベルト・ブンジャキ監督は「我々は6選手を起用できるかどうかわからない。選手たちは高いモチベーションで、試合前日も準備を続けているよ」と、出場許可を得ていない選手も準備を続けていると明かした。

 W杯欧州予選の参加が決定し、グループIに振り分けられたコソボ代表。同組には、クロアチア、アイスランド、ウクライナ、トルコ、フィンランドが入っている。

欧州リーグ順位表

チェルシー
15pt
リヴァプール
15pt
マンチェスター・C
13pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
9pt
ドルトムント
7pt
ヴォルフスブルク
7pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
12pt
レアル・マドリード
10pt
セルタ
7pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
12pt
SPAL
9pt
ナポリ
9pt
欧州順位をもっと見る