2016.08.26

インテル新加入DF、母国復帰ですでに合意か デビュー前に退団へ

長友(左)とポジションを争うことが予想されていたエルキン(右)だが、早くも母国復帰の可能性が浮上している [写真]=Inter via Getty Images
サッカー総合情報サイト

 日本代表DF長友佑都が所属するインテルのトルコ代表DFジャネル・エルキンが、母国に復帰する可能性が浮上した。25日、トルコメディア『ntv』が報じている。

 エルキンは昨シーズン限りでフェネルバフチェとの契約が満了となり、6月にインテルへの加入が発表。左サイドを主戦場とする同選手は長友ともポジションを争うことが予想されていた。しかし8月に入ってロベルト・マンチーニ前監督は解任され、フランク・デ・ブール監督が就任すると、新指揮官はエルキンの起用に消極的な姿勢だったことから、加入から3ヶ月弱で早くも放出候補の1人となってしまった。21日に行われたセリエA開幕節のキエーヴォ戦でも出場機会がなかった。

 同メディアによれば、トルコのベジクタシュがエルキンの獲得に動いており、1年間のレンタル移籍ですでに合意に至ったという。仮にこの取引が実現することになれば、公式戦出場がないままクラブを後にし、母国に復帰することになる。

 ベジクタシュはこのほか、マンチェスター・Cに所属する元フランス代表MFサミル・ナスリの獲得を試みているとも報じられており、移籍市場で活発な動きを見せている。

欧州リーグ順位表

チェルシー
15pt
リヴァプール
15pt
マンチェスター・C
13pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
9pt
ドルトムント
7pt
ヴォルフスブルク
7pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
12pt
レアル・マドリード
10pt
セルタ
7pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
12pt
SPAL
9pt
ナポリ
9pt
欧州順位をもっと見る