2016.07.28

コロンビアのA・ナシオナルがリベルタ杯制覇…南米王者としてクラブW杯出場

アトレティコ・ナシオナル
アトレティコ・ナシオナルがコパ・リベルタドーレス2016を制した [写真]=LatinContent/Getty Images
サッカー総合情報サイト

 コパ・リベルタドーレス2016決勝セカンドレグが27日に行われ、アトレティコ・ナシオナル(コロンビア)とインデペンディエンテ・デル・バジェ(エクアドル)とが対戦した。

 20日のファーストレグは1-1の引き分けで終了。決勝ではアウェーゴール・ルールが適用外となるため、両チームは互角の立場でセカンドレグを迎えた。

 試合は立ち上がりからホームのアトレティコ・ナシオナルが攻勢をかけ、敵陣でのボールポゼッション率を高める展開に。ミドルシュートやサイド攻撃からゴールを脅かし、セカンドボールへの反応でも相手を上回って主導権を握った。

 そして9分、敵陣中央からのFKを相手GKが弾いたところにミゲル・アンヘル・ボルハが反応。右足で強烈なシュートを放ち、ゴールネットを揺らした。リオ五輪コロンビア代表の一員として日本とも対戦するストライカーのゴールで、アトレティコ・ナシオナルが先制に成功した。

 満員の本拠地で大声援を受け、試合を優位に進めるアトレティコ・ナシオナル。先制後も敵陣で何度もチャンスを作り出し、追加点を狙っていった。対するインデペンディエンテはなかなか攻撃の糸口を掴めず、決定機を作るには至らない。

 1-0で迎えた後半も、アトレティコ・ナシオナルが相手を押し込む展開に。インデペンディエンテは自陣でのパスミスから決定的なピンチを招くなど、最後までペースを掴むことはできなかった。

 試合は1-0で終了。アトレティコ・ナシオナルが1点を守り切り、2試合合計2-1でコパ・リベルタドーレス2016を制した。同クラブの優勝は1989年以来、27年ぶり2回目。南米王者として、12月に日本で開催されるFIFAクラブワールドカップ ジャパン 2016に出場することが決まった。

【スコア】
アトレティコ・ナシオナル 1-0(2試合合計:2-1)インデペンディエンテ・デル・バジェ

【得点者】
1-0 9分 ミゲル・アンヘル・ボルハ(アトレティコ・ナシオナル

欧州リーグ順位表

リヴァプール
76pt
マンチェスター・C
74pt
トッテナム
61pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
60pt
ドルトムント
60pt
ライプツィヒ
49pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
66pt
アトレティコ・マドリード
56pt
レアル・マドリード
54pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
75pt
ナポリ
60pt
インテル
53pt
欧州順位をもっと見る