2016.07.26

エプソン、シンガポールでアンダー世代の7人制大会を開催

「エプソン・シンガポール・カップ2016」の開催を発表するエプソン・シンガポールの田中俊光マネジングディレクター(左から2人目)、SINADスポーツのジェレミー・チャン会長(同3人目)
サッカー総合情報サイト

エプソン・シンガポールは7月21日、アンダー世代を対象とした7人制サッカーの大会「エプソン・シンガポール・カップ2016」を開催することを発表した。共催はスポーツマネジメント会社のSINADスポーツ。

同大会は15歳以下と17歳以下の2カテゴリーで争れ、9月3日・4日に予選、同10日に決勝トーナメントを開催する。会場はいずれもSAFRAタンピネス。15歳以下の優勝チームにはヴァレンシアFCサッカースクール・シンガポール校での2日間のトレーニング、17歳以下の優勝チームにはJ2リーグ・松本山雅FCでの5日間のトレーニングキャンプが、それぞれ賞品として与えられる。

大会中は、エプソン・シンガポールがメインスポンサーを務めるSリーグ・ゲイラン・インターナショナルFCの選手やコーチらが試合を観戦して、出場している選手たちを応援したり、アドバイスを与える予定になっている。

エプソン・シンガポールの田中俊光マネジングディレクターは、「青少年の育成はシンガポールおよび周辺地域における我々のCSR(企業の社会的責任)活動における不可欠な要素となっている。『エプソン・シンガポール・カップ』は、青少年を力づけるという目的に我々が継続的に関わっていくことを示すものになる」と大会の意義を説明した。

同大会はシンガポール国籍または永住権保持者が対象で、大会公式ホームページから参加申請書をダウンロードできる。1チームの参加費は、15歳以下が350シンガポールドル、17歳以下が500シンガポールドル。申込みは8月31日まで。

エプソン・シンガポール・カップ2016公式ホームページ

(アジアサッカー研究所/安藤)

「サムライフットボールチャレンジ」とは、
アジアのサッカークラブや事業者の”中の人”になって、本物のサポーターやスポンサーを相手にリアルな運営を体験し、楽しみながら学ぶ&自分を磨く海外研修プログラムです。ビジネスでも大注目のアジア新興国は、チャンスも無限大。何を成し遂げるかはあなた次第!日本にいては絶対得られない体験をこれでもか!と積重なてもらいます。経験・年齢・性別・語学力不問です。
http://samurai-fc.asia/

欧州リーグ順位表

リヴァプール
18pt
マンチェスター・C
16pt
チェルシー
16pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
12pt
ヘルタ・ベルリン
10pt
ドルトムント
8pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
13pt
レアル・マドリード
13pt
アラベス
10pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
15pt
ナポリ
12pt
フィオレンティーナ
10pt
欧州順位をもっと見る