2016.07.21

話題の「ポケモンGO」、サッカー界でも大旋風?…有名選手やビッグクラブが続々投稿

世界中で大流行している「ポケモンGO」 [写真]=Anadolu Agency/Getty Images
サッカー総合情報サイト

 アメリカを中心に社会現象となっているスマートフォン向けゲーム「ポケモンGO」。日本での配信も間近と伝えられているが、世界ではサッカー界でも様々な選手やクラブに波及している。

 日本代表MF香川真司が所属するドルトムントでは、移動中のチームバス内でも「ポケモンGO」に熱中しているようだ。ドイツ代表DFマルセル・シュメルツァーが自身の公式ツイッターで写真を投稿。ガボン代表FWピエール・エメリク・オーバメヤン、ドイツ人MFゴンサロ・カストロ、フランス人FWウスマン・デンベレがスマートフォンを覗いている様子が写されており、「みんな新しいポケモンを探しているよ」とコメントが添えられている。

 ユヴェントスに所属するドイツ代表MFサミ・ケディラは、休暇先のアフリカで自らのインスタグラムを更新。「ポケモンGO」に夢中になっているユーザーであるようで、「完璧な休日を過ごしているよ! サラマンダー(ヒトカゲ)とキャンプファイアーしながらくつろいでいるところさ。 #アフリカ #ポケモンGO #休暇」というメッセージとともに、ポケモンのキャラクターである「ヒトカゲ」との写真を投稿した。

 元ドイツ代表GKオリヴァー・カーンも、公式ツイッターで自身が「ゼニガメ」をキャッチする画像とともに、「ポケモンをゲットするのにモンスターボールはいらないぜ」とのコメントを掲載。アトレティコ・マドリードに所属するフランス代表FWアントワーヌ・グリエスマンは、自身が写ったユーロでの写真に「ピカチュウ」を合成し、「ポケモン・ハンティング」と公式ツイッターで綴っている。

 また、「ポケモンGO」に便乗したネタを披露するクラブも登場。FW工藤壮人が所属するMLS(メジャーリーグ・サッカー)のバンクーバー・ホワイトキャップスは、新加入選手をモンスターボールでポケモンをキャッチしたような動画を公式ツイッターで公開した。

 さらに、バイエルンも公式ツイッターで同クラブに所属するドイツ代表GKノイアーとピカチュウ」がコラボした画像を投稿。「ポケモンゲットだぜ!」の名セリフとともに、ノイアーがモンスターボールで捕まえようとしている様子を表現した。


 
 また、大手メディア『ESPN』によると、マンチェスター・Cやベンフィカのホームスタジアムはいわゆる「ポケモンジム」となっているようだ。同ゲームには陣取りゲームの要素があり、「ポケモンジム」でそこに配置されているポケモンと対戦して勝利すれば、そのジムを乗っ取ることができるという。

 そして、「ポケモンGO」は今や選手のピッチ内での行動にまで影響を与えている。フィンランド1部リーグに所属するRoPS(ロヴァニエメン・パロセウラ)では、18日に行われたリーグ戦で先制点を挙げた際、集まった選手たちが両手を使って同ゲームでポケモンを捕まえる時に行う仕草を披露。「ポケモンGO」はゴールパフォーマンスにまで波及しているのだ。

 世界のトッププレーヤーや、ビッグクラブをも巻き込んでサッカー界に大旋風を巻き起こしている「ポケモンGO」。日本での配信は秒読みと伝えられているが、日本サッカー界にも大きな影響を与えることになるのだろうか。

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
18pt
マンチェスター・C
13pt
レスター
11pt
欧州順位をもっと見る
ライプツィヒ
13pt
バイエルン
11pt
ドルトムント
10pt
欧州順位をもっと見る
アスレティック・ビルバオ
11pt
レアル・マドリード
11pt
グラナダ
10pt
欧州順位をもっと見る
インテル
12pt
ユヴェントス
10pt
ナポリ
9pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング