2016.07.04

香川真司がグローバルブランド『Z.com』のブランドアンバサダーに就任

『Z.com』のブランドアンバサダーに就任した香川(右) 。写真左は水戸所属でベトナム代表のグエン コン フォン
サッカー総合情報サイト

 GMOインターネットグループは、グローバルブランド『Z.com』のブランドアンバサダーに、日本代表MF香川真司を起用したことを発表した。

 香川はブランドアンバサダーに就任した理由について以下のようにコメントした。

「『Z.com』は、主にアジア圏で、サッカーの応援を通じてインターネットの発展を目指しているという話を聞いたとき、僕自身も日本を含めアジア全体のサッカーを盛り上げ、サッカーの発展に少しでも協力できたらと思い、今回、ブランドアンバサダーのお話をお引き受けしました。 インターネットとサッカーはまるで違うようだけれど、ネットを通じて多くのサッカーファンが盛り上がっていますし、海外に出ても母国のサポーターからの声援も届きます。だから、インターネットの発展が、アジアのサッカーの発展につながるということ、そしてそのための取り組みに共感しました。 『Z.com』の顔としてサッカーの発展と、多くの子どもたちに夢と希望をもってもらえるよう、サッカーで結果を出し活躍できるよう頑張ります。今後とも応援をよろしくお願いいたします」

 香川を起用したプロモーションは、『Z.com』ブランドのITインフラサービス(GMOインターネット株式会社提供)と、FX・CFD取引サービス『Z.com Trade』(GMOクリックホールディングス株式会社 海外法人提供)において、日本や中国、シンガポールでWEBプロモーションを展開する予定となっている。

「Z.com」起用


欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
89pt
リヴァプール
88pt
トッテナム
70pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
70pt
ドルトムント
69pt
ライプツィヒ
61pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
80pt
アトレティコ・マドリード
71pt
レアル・マドリード
65pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
87pt
ナポリ
67pt
インテル
61pt
欧州順位をもっと見る