2016.05.21

ロジャーズ氏がセルティックの新監督に就任…昨年までリヴァプールを指揮

昨年10月までリヴァプールの指揮官を務めていたロジャーズ氏 [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 セルティックは20日、ブレンダン・ロジャーズ氏を新指揮官として招へいしたことを発表した。契約期間は12カ月となっている。

 ロジャーズ氏は、ワトフォード、レディング、スウォンジーの監督を務めたあと、2012年6月にリヴァプールの指揮官に就任。2年目となった2013-14シーズンには優勝争いを演じ、チームを2位へと導いた。しかし、今シーズンは序盤戦で思うような結果を残せず、昨年10月に解任されていた。

 一方で、セルティックを率いていたロニー・デイラ前監督は退任。今シーズンは国内リーグ5連覇を達成に導いたものの、ヨーロッパリーグでグループステージ最下位に低迷するなど、批判が強まっていた。

 就任に際しロジャーズ氏は、クラブ公式サイトを通じて以下のようにコメントしている。

「セルティックの監督になることができて非常に嬉しい。これは私にとって本当に名誉なことだ。人生において常にセルティックのことは気にかけてきたし、偉大なサッカークラブの一員として働く機会をもらって、夢が叶った気持ちだ。できる限りのことをおこなって、サポーターの皆さんにワクワクするような楽しいサッカー、そして勝利を届けたいと思っている」

欧州リーグ順位表

リヴァプール
3pt
チェルシー
3pt
ボーンマス
3pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る