2015.12.31

プレミアとリーガでやや苦戦…ドイツを離れた岡崎と乾に求められる結果

乾貴士 岡崎慎司
エイバルの乾貴士(左)とレスターの岡崎慎司(右) [写真]=AMA/Getty Images
サッカー総合情報サイト

 ヨーロッパの主要リーグは2015年の最終戦を終え、シーズンの折り返し地点に入った。

 プレミアリーグでは今シーズンからレスターに加入した日本代表FW岡崎慎司サウサンプトンに所属する同DF吉田麻也の2人がプレーしている。イングランドに新天地を求めた岡崎は第2節のウェストハム戦で早速初ゴールを決めたが、その後は第13節のニューカッスル戦まで無得点が続くなどやや苦しんだ。FWレオナルド・ウジョアとの激しいポジション争いが続くが、第17節のエヴァートン戦では今シーズン3点目とPKを獲得するなど調子を上げており、後半戦はゴールを量産したいところだ。

 プレミア4年目に突入した吉田は、開幕から4試合連続でスタメン出場するなどロナルド・クーマン監督の信頼を勝ち得たかに思えたが、第6節のマンチェスター・U戦では失点に直結するミスを犯し、それ以降はベンチスタートの試合が増えた。後半戦に向けては短い出場時間でもしっかりとアピールして、信頼を回復したい。

 ドイツからスペインへと活躍の場を移したエイバルのMF乾貴士は、時折光るプレーを見せているものの、十分に適応できているとは言いがたい。第5節から第9節までは先発出場が続いたが、その後は途中出場が中心になっている。一方で、初出場以降に出番がなかったのは2試合のみ。途中交代からでもしっかりと結果を残せば、再びスタメンを確保することは可能だろう。

 オーストリアで2年目のシーズンを戦う日本代表FW南野拓実は、第4節から定位置を確保。得点ランキング5位の7ゴールを決め、首位に立つチームの原動力になっている。また、オランダではADOデン・ハーグのFWハーフナー・マイクがゴールを量産。14試合で8ゴールを挙げる活躍を見せている。

 その他の主な海外日本人選手のシーズン前半戦の成績は以下のとおり。(出場試合数、先発数、プレータイム/得点/アシスト)※プレータイム、アシストは『Transfermarkt』を参考

岡崎慎司レスター
17試合(先発11試合)、862分プレー/3得点/1アシスト

吉田麻也サウサンプトン
13試合(先発8試合)、805分プレー/0得点/0アシスト

乾貴士(フランクフルト→エイバル)
※ブンデスリーガ
1試合(先発1試合)、45分プレー/0得点/0アシスト

※リーガ・エスパニョーラ
11試合(先発6試合)、634分プレー/0得点/1アシスト

■南野拓実(ザルツブルク)
19試合(先発14試合)、1281分プレー/7得点/3アシスト

■久保裕也(ヤング・ボーイズ)
17試合(先発15試合)、1241分プレー/4得点/4アシスト

■柿谷曜一朗(バーゼル)
4試合(先発4試合)、304分プレー/1得点/0アシスト

ハーフナー・マイク(ADOデン・ハーグ)
14試合(先発試合)、1220分プレー/8得点/1アシスト

■田中順也(スポルティング・リスボン)
3試合(先発0試合)、33分プレー/0得点/0アシスト

■小野裕二(シント・トロイデン)
20試合(先発19試合)、1486分プレー/0得点/0アシスト

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
98pt
リヴァプール
97pt
チェルシー
72pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
78pt
ドルトムント
76pt
ライプツィヒ
66pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
87pt
アトレティコ・マドリード
76pt
レアル・マドリード
68pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
90pt
ナポリ
79pt
アタランタ
69pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング