2015.12.23

8年間職務停止のプラティニ氏、FIFAを批判「2011年から寝てたのか?」

プラティニ
8年間の職務停止処分を言い渡されたプラティニ氏 [写真]=FIFA via Getty Images
サッカー総合情報サイト

 FIFA(国際サッカー連盟)の倫理委員会は21日、汚職の疑いがかかっているゼップ・ブラッター会長とミシェル・プラティニ副会長に対し、8年間の活動停止処分と罰金処分を下した。翌日、プラティニ副会長が大手メディア『AFP』のインタビューに応え、FIFAを批判した。

 2011年2月、プラティニ副会長はブラッター会長からコンサルタント料の名目で200万スイスフラン(約2億4400万円)を受け取っていた。これが不正な金銭授受にあたるとされ、処分の対象となった。同氏は来年2月に行われるFIFA会長選にも立候補の意思を表明し最有力候補と目されていたが、処分を受けて会長選への出馬も取り下げられる模様となっている。

 プラティニ副会長は「2011年に金を受け取ってから2015年まで、FIFA倫理委員会は何をやっていたんだ?寝てたのか?」と批判。「突然目が覚めたんだろう。私が候補者となった会長選が行われる年になったら起きたんだ。びっくりだよ」と、金銭の授受から4年後に処分されたことへの怒りを露わにした。

 また、同氏はスポーツ仲裁裁判所(CAS)に控訴する旨を発表。「私は戦う。起きたことに対する責任は取るつもりだがね。何があろうと、私の名声は傷つけられた。ひどい目に遭ったんだ」と述べている。

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
64pt
マンチェスター・C
48pt
レスター
45pt
欧州順位をもっと見る
ライプツィヒ
40pt
バイエルン
36pt
ボルシアMG
35pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
43pt
レアル・マドリード
43pt
アトレティコ・マドリード
35pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
51pt
インテル
47pt
ラツィオ
45pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング