2015.10.18

南野が2戦連発で今季7得点目…ザルツブルク、大量8ゴールの圧勝

南野拓実
ザルツブルク所属のFW南野拓実(写真は8月のもの) [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 オーストリア・ブンデスリーガ第12節が17日に行われ、日本代表FW南野拓実の所属するザルツブルクとアドミラ・ヴァッカーが対戦した。南野は右MFで5試合連続の先発出場となった。

 代表ウィークが明けてリーグ戦も再開。今節、勝ち点21で2位につけるザルツブルクは、ホームに勝ち点差1で4位のアドミラ・ヴァッカーを迎えての一戦となった。ザルツブルクは現在2連勝中。13日に行われた国際親善試合のイラン戦で日本代表デビューを果たした南野も、前節のラピド・ウィーンでゴールを挙げているため、今節は連続得点に期待がかかる。

 試合は31分、ザルツブルクの先制で動く。右サイドを抜け出したクリスティアン・シュヴェクラーがマイナスの折り返し。そこに走り上がってきたジョナタン・ソリアーノがダイレクトで右足を振り抜き、豪快にシュートをゴール右上隅に突き刺した。先制に成功したザルツブルクはさらに44分、バロン・ベリシャがペナルティエリア内左に抜け出して、落ち着いてGKとの1対1を決めて追加点を挙げた。ザルツブルクが2-0とし、前半を折り返す。

 後半に入って、ザルツブルクが圧巻のゴールショーを見せる。53分、ナビ・ケイタの折り返しを、ゴール前に飛び出したソリアーノが流し込んでチーム3点目を獲得。56分には、オメル・ダマリとのワンツーでエリア内中央に抜け出したケイタが、フリーでシュートを放ちゴール右隅に決めた。

 すると64分、南野にも2試合連続で今シーズンのリーグ戦7得点目となるゴールが生まれる。ベリシャのスルーパスに反応した南野がエリア内右に抜け出し、飛び出したGKを見てループ気味のシュートを放ち、ゴール左隅に沈めた。南野はこのゴールで、得点ランキング暫定3位につけている。

 まだ勢いの止まらないザルツブルクは、70分にベリシャがこの日自身2点目となる追加点を獲得。リードを6点に広げたザルツブルクは直後の71分、ベリシャと南野を下げて、ホーヴァル・ニールセンとハニー・ムフタールをピッチに送り出した。さらに75分にはダマリがゴールを奪うと、86分にもムフタールがダメ押しのチーム8点目。このまま試合は終了し、終始圧倒したザルツブルクが、8-0の圧勝を収めた。

 ザルツブルクは次節、24日にホームでリートと対戦。アドミラ・ヴァッカーは同日にグレーディヒをホームに迎える。

【スコア】
ザルツブルク 8-0 アドミラ・ヴァッカー

【得点者】
1-0 31分 ジョナタン・ソリアーノ(ザルツブルク)
2-0 44分 バロン・ベリシャ(ザルツブルク)
3-0 53分 ジョナタン・ソリアーノ(ザルツブルク)
4-0 56分 ナビ・ケイタ(ザルツブルク)
5-0 64分 南野拓実(ザルツブルク)
6-0 70分 バロン・ベリシャ(ザルツブルク)
7-0 75分 オメル・ダマリ(ザルツブルク)
8-0 86分 ハニー・ムフタール(ザルツブルク)

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
67pt
マンチェスター・C
51pt
レスター
48pt
欧州順位をもっと見る
ライプツィヒ
40pt
バイエルン
39pt
ボルシアMG
38pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
43pt
レアル・マドリード
43pt
アトレティコ・マドリード
35pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
51pt
インテル
47pt
ラツィオ
45pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング