2015.10.08

FIFA倫理委員会、即時退任拒否のブラッター会長を90日間の資格停止へ

ブラッター
FIFAの会長を務めるブラッター氏 [写真]=FIFA via Getty Images
サッカー総合情報サイト

 イギリスメディア『BBC』は7日、FIFA(国際サッカー連盟)の倫理委員会が、同連盟のゼップ・ブラッター会長に90日間の資格停止処分を科するよう提案したと報じた。

 背任と贈賄の疑いによりスイス検察から事情聴取を受けたブラッター会長。スポンサーからは退任予定の時を待たずして即時退任するよう求められているが、来年2月に会長選が行われるまでは現職にとどまる意向を示していた。

 一方、倫理委員会の調査部門が提示した資格停止処分に関しては、審査部門が8日に最終決定を下すと見込まれている。

 ブラッター会長は2005年にCFU(カリブ海サッカー連合)と放映権に関する契約を結んだ件に関して、背任の容疑がかけられている。また、2011年にはUEFA(欧州サッカー連盟)のミシェル・プラティニ会長に対し200万スイスフラン(約2億5000万円)の賄賂を支払ったという疑いもある。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
18pt
マンチェスター・C
16pt
チェルシー
16pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
12pt
ヘルタ・ベルリン
10pt
ドルトムント
8pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
13pt
レアル・マドリード
13pt
アラベス
10pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
15pt
ナポリ
12pt
フィオレンティーナ
10pt
欧州順位をもっと見る