2015.08.02

ランパードがMLSデビューでピルロ&ビジャと共演「楽しんだよ」

ランパード
MLSデビューを果たしたMFランパード(画像はNYシティFC公式フェイスブックのキャプチャ)

 今夏にニューヨーク・シティFCに合流した元イングランド代表MFフランク・ランパードが1日、MLS(メジャーリーグサッカー)デビューを果たした。クラブ公式サイトが伝えている。

 NYシティは同日、MLSでモントリオール・インパクトと対戦。元スペイン代表FWダヴィド・ビジャや、すでにデビューを果たしていたイタリア代表MFアンドレア・ピルロらが先発出場した。

 ランパードは、7月12日に行われたトロントFCとのホームゲームに出場する予定だったが、練習中にふくらはぎを負傷。それ以降も2試合を欠場し、デビューはお預けとなっていた。だが、モントリオール戦の69分、アメリカ人MFアンドリュー・ジェーコブソンとの交代で、ランパードは途中出場しMLSデビューを果たした。

 試合は、前半の内にNYシティがモントリオールに2点を許す。後半の68分にビジャがPKで1点を返すが、84分にモントリオールにPKを献上し、リードは再び2点に。直後の85分にアメリカ人MFトーマス・マクナマラの得点で、NYシティがリードを縮めも力及ばず。結局、NYシティは2-3でモントリオールに敗れている。

 試合後、ジェイソン・クレイス監督は「ランパードのプレーを30分以下に制限する必要があった。トレーニングスタッフが彼らの意見を通していたら20分以下になっていただろう。だが私たちは話し合いの結果、25分で落ち着いたよ」と説明。さらに、「いいタイミングでの出場だった。直前にゴールを決めていて、彼の投入でより得点に気持ちがいったからね」とコメントしている。

 また、デビューを果たしたランパードは試合後、「ファンの声援の中、ヤンキー・スタジアムのピッチに立てたのはとても素晴らしいことだった。当然だが、その瞬間を本当に楽しんだよ」と感想を語った。

 NYシティは9日に行われるMLSで、ニューヨーク・レッドブルズとのダービー戦に臨む。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
3pt
チェルシー
3pt
ボーンマス
3pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る