FOLLOW US

現役復帰のリヴァウド、近年のレベル低下に苦言「今の私がピークだったら…」

バルセロナ時代にバロンドールを受賞したリバウド(右)[写真]=Getty Images

 2002年にワールドカップを制した元ブラジル代表FWリヴァウドは昨年に一度現役を引退したものの、43歳の今年に現役復帰を果たし、現在は自身が会長を務めるモジ・ミリンで息子のリヴァウド・ジュニオールらとともにプレーしている。そのリヴァウドは自身が選手としてピークだった20世紀末と近年とを比較して、現代サッカーのレベルに苦言を呈した。

「選手としてのピークが今だったら私はバロンドールをあと2〜3回は獲れていると思うし、1シーズンで50ゴールも可能だっただろう。私がリーガ・エスパニョーラにいた頃と今のリーガとではレベルが違うと思う」

 リヴァウドが全盛期だった1990年代後半は、元フランス代表MFジネディーヌ・ジダン氏や元ポルトガル代表MFルイス・フィーゴ氏を筆頭に、元フランス代表FWティエリ・アンリ氏、元イングランド代表MFデイヴィッド・ベッカム氏、元オランダ代表FWデニス・ベルカンプ氏、元アルゼンチン代表FWガブリエル・バティストゥータ氏などワールドクラスの選手が各国に点在していた。そして同胞にもロマーリオ氏、ロナウド氏、ロベルト・カルロス氏、カフー氏など優秀な選手が代表に名を連ねていた時代だった。その頃と比較すると、今のサッカー界はレベルが低下したとリヴァウドは感じているのだという。

 リヴァウドは先のコパ・アメリカでブラジル代表が敗退した際に「今は誰でもセレソンに入れるようだね」と述べて、ドゥンガ監督のチーム作りを暗に批判したことがブラジル国内で話題になったばかりだ。

 現役復帰を果たしたリヴァウドはモジ・ミリンを救うべく時折試合に出ているが、古傷の右ひざが完治しているわけではなく、選手生活の目処はあくまで2015年12月としている。

(記事/Cartao Amarelo)


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO