2015.06.21

仏リーグ得点ランク2位のフランス代表FWジニャク…新天地はメキシコ

ティグレスへの移籍が発表されたジニャク [写真]=Getty Images

 メキシコ・プリメーラ・ディビシオン(メキシコ1部リーグ)のティグレスは20日、フランス代表FWアンドレ・ピエール・ジニャクを獲得したことをクラブ公式HP上で発表した。

 現在29歳のジニャクは、2004年に当時リーグ・ドゥ(2部リーグ)のロリアンでプロデビューを飾った。2005-06シーズンの途中にポー(4部)へレンタル移籍し、復帰した06-07シーズンは主力としてプレー。07-08シーズンからトゥールーズへ移籍すると、2年目にリーグ・アン得点王に輝き、2009年4月には代表デビューも果たした。

 2010年のマルセイユ移籍後は本来のプレーを披露できずにいたが、14-15シーズンは復調に成功し、38試合で21ゴールをマーク。パリ・サンジェルマンのスウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモヴィッチや、ウルグアイ代表FWエディンソン・カバーニを抑えて得点ランキング2位につける好調ぶりで、久々の代表招集も受けていた。

 ジニャクとマルセイユとの契約は2014-15シーズン終了後に満了を迎え、フリートランスファーとなったため、ヨーロッパの多くのクラブが獲得に乗り出していたが、新天地にメキシコを選ぶという意外な形となった。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
16pt
マンチェスター・U
16pt
チェルシー
13pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
16pt
ホッフェンハイム
14pt
バイエルン
13pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
18pt
アトレティコ・マドリード
14pt
セビージャ
13pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
18pt
ユヴェントス
18pt
インテル
16pt
欧州順位をもっと見る