2015.06.19

36歳ピサーロの決勝点でペルーが初勝利…C組は4チームが同勝ち点で並ぶ

クラウディオ・ピサーロ
決勝ゴールを決めたピサーロ [写真]=LatinContent/Getty Images

 コパ・アメリカ 2015 チリは大会8日目を迎え、グループCではペルー代表とベネズエラ代表が対戦した。

 前回大会3位のペルーは、初戦のブラジル代表戦で接戦を演じながらも、後半アディショナルタイムに失点を喫し敗戦。この試合は決勝トーナメント進出に向けて負けられない一戦となる。一方、ベネズエラは強豪コロンビア代表相手に1-0の勝利。勢いそのままに連勝し、グループ突破を決めたいところだ。

 試合はベネズエラが開始早々にチャンスを掴む。3分、ペナルティエリア手前でこぼれ球を拾ったアレハンドロ・ゲラがミドルシュートを放つも、ここはGKペドロ・ガジェセの正面だった。続く6分、左サイドのゲラが右足でアーリークロスを送ると、ゴール前に走りこんだホセ・サロモン・ロンドンがボレーで合わせたが、ここもガジェセがなんとかキャッチする。

 ここまではベネズエラが多くのチャンスを作り出していたが、思わぬ形で流れが変わってしまう。29分、自陣左サイドで相手選手を引っ張ったフェルナンド・アモレビエタが、倒れた選手を踏んでしまい、一発退場を命じられる。これでベネズエラは10人での戦いを強いられることになる。その後はペルーが主導権を握りながらも、0-0で前半を折り返す。

 66分、ペルーは左サイドでこぼれ球を拾ったファン・マヌエル・バルガスがボレーで強烈なミドルシュートを放ったが、ここは枠の上へ外れてしまう。迎えた72分、ペナルティエリア内で相手のクリアミスを拾ったクラウディオ・ピサーロが左足でシュート。ボールはキーパーの正面に飛んだものの、弾ききれずにゴール左へ決まり、ペルーが先制に成功した。

 その後、ペルーはベネズエラの反撃に遭ったものの、36歳のベテランが挙げた1点を守りきり、1-0で今大会初勝利を収めた。

 この結果、グループCは前日に行われた試合も含め、勝ち点3で4チームが並ぶ大混戦となり、総得点の差でペルーとブラジルが1位、ベネズエラとコロンビアが3位となっている。

【スコア】
ペルー代表 1-0 ベネズエラ代表

【得点者】
1-0 72分 クラウディオ・ピサーロ(ペルー代表)

欧州リーグ順位表

リヴァプール
42pt
マンチェスター・C
41pt
トッテナム
36pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
36pt
ボルシアMG
29pt
バイエルン
27pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
31pt
セビージャ
28pt
アトレティコ・マドリード
28pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
43pt
ナポリ
35pt
インテル
29pt
欧州順位をもっと見る