2015.06.16

ボリビアがコパ・アメリカ17年ぶりの勝利…エクアドルは終盤の猛攻及ばず

ボリビア
得点を喜ぶボリビアイレブン [写真]=LatinContent/Getty Images

 コパ・アメリカ2015 チリが15日に大会5日目を迎え、グループAではエクアドル代表とボリビア代表が対戦した。

 開幕戦で開催国のチリ代表に0-2で敗れたエクアドルは、この試合で今大会初勝利を狙う。一方、初戦をメキシコ代表と引き分けたボリビアは、1997年大会の準決勝でメキシコを破って以来17年ぶりの同大会勝利を目指した。

 試合開始早々に先手を取ったのはボリビア。5分、右CKを獲得すると、マルティン・スメドベリ・ダレンセのクロスに飛び込んだのは、ロナルド・ラルデス。ヘディングシュートが決まり、ボリビアが先制した。

 先制して勢いに乗るボリビアに再びチャンス。18分、敵陣深い位置でボールを奪うと、マルセロ・モレノのラストパスを受けたスメドベリ・ダレンセがミドルシュート。これがゴール右下に決まりボリビアが追加点を挙げた。

 ここまで決定機を作れなかったエクアドルに大きなチャンスが訪れる。38分、ペナルティエリア内でエネル・バレンシアがエドワルド・センテーノに倒されたと判定され、PKを獲得する。しかし、E・バレンシアのシュートは1度ゴールネットを揺らしたものの蹴り直しを命じられると、2度目はGKロメル・キニョネスに止められてしまい、得点を奪えない。

 逆に直後の41分には、ボリビアのダミアン・リシオがペナルティエリア内で倒されPKの判定。ここをモレノにきっちりと決められてリードを3点に広げられて前半を折り返す。

 エクアドルはいいところなく前半を終えたが、後半から息を吹き返す。ハーフタイムにペドロ・キニョネスとフィデル・マルティネスを下げて、フアン・カサレスとレナト・イバーラを投入し流れを変えに出る。48分、ゴール前でジェフェルソン・モンテーロが相手のクリアミスを拾い、ペナルティエリア内に進入。中央に折り返したボールをE・バレンシアがゴール右に流し込み1点を返した。

 その後も猛攻を仕掛けるエクアドル。81分、ペナルティエリア外約30メートルからミジェール・ボラーニョスが強烈なミドルシュートを放つ。すると、これがゴール右上に決まり、エクアドルが1点差まで迫った。85分にはクリスティアン・ノボアがミドルを放ったが、ここは惜しくもクロスバーに阻まれてしまう。87分には、ショートコーナーからボールを受けたカサレスが、ペナルティエリア左から中に切り込み右足シュート。しかし、ここはGKキニョネスの好セーブに遭ってしまう。

 結局エクアドルは同点ゴールを奪うことは出来ず、3-2で勝利したボリビアが17年ぶりにコパ・アメリカでの勝利を掴んだ。

【スコア】
エクアドル代表 2-3 ボリビア代表

【得点者】
0-1 5分 ロナルド・ラルデス(ボリビア代表)
0-2 18分 マルティン・スメドベリ・ダレンセ(ボリビア代表)
0-3 43分 マルセロ・モレノ(PK)(ボリビア代表)
1-3 48分 エネル・バレンシア(エクアドル代表)
2-3 82分 ミジェール・ボラーニョス(エクアドル代表)

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
87pt
マンチェスター・U
74pt
リヴァプール
70pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
75pt
シャルケ
55pt
レヴァークーゼン
51pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
83pt
アトレティコ・マドリード
71pt
レアル・マドリード
68pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
85pt
ナポリ
81pt
ローマ
64pt
欧州順位をもっと見る