2015.06.14

改革から一転、迷走へ…辞意表明のFIFAブラッター会長が辞任撤回か

ブラッター
FIFAのブラッター会長 [写真]=FIFA via Getty Images

 2日に辞任を表明したFIFA(国際サッカー連盟)のゼップ・ブラッター会長が、辞任を撤回する可能性が浮上した。14日付のイギリス紙『ガーディアン』など各紙が報じている。

 ブラッター会長は5月29日に行われたFIFAの総会により、会長への5度目の当選を果たした。しかし、そのわずか4日後の2日に突如として辞任を表明し、世界を驚かせていた。

 辞任表明の会見では「FIFAには大きな改革が必要だ。私は何よりもFIFAを愛していて、FIFAのためにベストなことだけをしたい」と語っていた同会長だが、13日付のスイス紙『シュヴァイツ・アム・ゾンターク』によると辞意を撤回する可能性が出てきたようだ。匿名の近しい人物によると、ブラッター会長は辞任表明後にアフリカやアジアの連盟から文書を受け取り、各連盟から辞任を考えなおすよう求められたとされる。これに対しブラッター会長自身も、それらの意見を名誉に感じているようで、会長続投という考えも除外していないという。

 FIFAの規定によりすぐに次期会長選が行われることはなく、12月から来年の2月頃までに行うことが予定されているため、ブラッター会長に考え直す時間は十分にあるようだ。

 また、同紙はブラッター会長が考えを改めた要因の一つとして、11日に辞任が発表されたワルター・デ・グレゴリオ氏の存在があると推測している。デ・グレゴリオ氏は一連の汚職問題の報道が過熱した際にブラッター会長に辞任を強く勧め、それが実現することとなったが、今度はそのデ・グレゴリオ氏が連盟から去ることになったため、辞任を撤回することにしたと伝えられている。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
87pt
マンチェスター・U
74pt
リヴァプール
70pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
75pt
シャルケ
55pt
レヴァークーゼン
51pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
83pt
アトレティコ・マドリード
71pt
レアル・マドリード
68pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
85pt
ナポリ
81pt
ローマ
64pt
欧州順位をもっと見る