2015.06.14

再び大金星、FIFAランク102位のフェロー諸島がW杯出場のギリシャに連勝

フェロー諸島
勝利を喜ぶフェロー諸島の選手たち (写真はFSF公式HPのキャプチャ)

 ユーロ2016予選が13日に行われ、グループFではフェロー諸島代表とギリシャ代表が対戦した。

 昨年のブラジル・ワールドカップ出場国ながら、ここまで5試合を戦い2分け3敗の最下位に沈むギリシャ。昨年11月に行われたホームでの同カードでは、当時FIFAランキング187位だったフェロー諸島に金星を献上していた。一方、ギリシャ相手の金星で同ランキングを102位まで上げたフェロー諸島は、健闘しながらもここまで1勝4敗となっており、ホームで同ランキング25位のギリシャ相手に連勝を飾りたいところだ。

 試合が動いたのは32分だった。フェロー諸島のゴールキックから試合が再開されると、前線に送られたロングボールをギリ・ソーレンセンが頭でつなぎ、右サイドのソルヴィ・ヴァトナマルへ。ヴァトナマルはドリブルでペナルティエリア右まで持ち込んで折り返しのパスを送ると、これをバルドゥル・ハンセンが押し込み、フェロー諸島が先制する。

 ギリシャはボール支配率、シュート数でも上回りながら得点出来ない展開が続く。すると次の得点を奪ったのはまたしてもフェロー諸島。70分、ブランドゥル・オルセンが右サイドに展開し、ヴァトナマルが右サイドを駆け上がる。ペナルティエリア右でボールを持つと、走りこんできたオルセンへラストパス。オルセンがダイレクトでシュートを狙うと、ボールはゴール左に決まり、フェロー諸島が追加点を奪った。

 苦しくなったギリシャは、80分にCKからソクラテス・パパスタソプーロスがヘディングシュートを決めて1点差に迫ったが、反撃もここまで。2-1で逃げ切ったフェロー諸島がギリシャに2連勝を飾り、グループFの4位に浮上した。一方、ギリシャは6試合未勝利と深刻な状況になっている。

【スコア】
フェロー諸島代表 2-1 ギリシャ代表

【得点者】
1-0 32分 バルドゥル・ハンセン(フェロー諸島代表)
2-0 70分 ブランドゥル・オルセン(フェロー諸島代表)
2-1 80分 ソクラテス・パパスタソプーロス(ギリシャ代表)

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
90pt
マンチェスター・U
74pt
リヴァプール
71pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
78pt
シャルケ
56pt
ドルトムント
54pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
83pt
アトレティコ・マドリード
72pt
レアル・マドリード
68pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
85pt
ナポリ
84pt
ローマ
67pt
欧州順位をもっと見る