FOLLOW US

国歌斉唱に“謎の音楽”が…エルサルバドル対アルゼンチン戦でハプニング

エルサルバドル対アルゼンチン戦でハプニング発生 [写真]=Getty Images

 28日に行われた国際親善試合、エルサルバドル対アルゼンチンはアルゼンチンが2-0で勝利した。この試合の前にエルサルバドルにとって怒り心頭のハプニングが起こった。

 アルゼンチンの国歌斉唱が終わり、「さあ俺らの番だ」と右手を左胸に当て準備に入るエルサルバドルの選手達。しかし何やら賑やかな音楽が流れ出すと、スタジアムはざわつき始める。

 そう、運営側が間違った音楽を流してしまったのだ。

 ビッグフラッグがサポーターのスタンドを覆う中、“謎の音楽”は流れ続け、選手は一様に顔をしかめる。また、この試合はアメリカのワシントンで開催されたのだが、かつての内戦により同国南部には多くのエルサルバドル移民が住んでおり、スタジアムはブーイングに包まれた。

 しかし、最後まで音楽は切り替わらず、国歌は流れぬまま終了。すぐに試合開始となってしまったのである。

 運営側は不手際を認め、既に謝罪をしたとのことだ。国際試合でたまに起こるハプニングであるが、親善試合といえど選手によってはこれが一生で一度となるかもしれない晴れ舞台。せめてやり直しをするなどの機転を利かせてほしかったところだ。

(記事提供:Qoly)

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO