2015.03.30

英誌、世界のベストプレーヤーに本田ら6名を選出…国内は武藤が唯一

本田圭佑
左から武藤、内田、本田、香川、岡崎、乾 [写真]=Getty Images,Bongarts/Getty Images

 イギリスのサッカー専門誌『ワールドサッカー』が、最も重要かつ“報道価値”のある世界のベストプレーヤー500人を選出した。

 日本人選手からはミラン所属のFW本田圭佑やドルトムント所属のMF香川真司、マインツ所属のFW岡崎慎司、フランクフルト所属のMF乾貴士、シャルケ所属のDF内田篤人が選ばれ、Jリーグ所属選手ではFC東京のFW武藤嘉紀が唯一の選出となった。

 同誌は、本田を「フリーキックのスペシャリストで、日本サッカーのトップスター。イタリアに移籍した最初のシーズンは苦戦したが、フィリッポ・インザーギ監督の下で今シーズンは輝いている」と高く評価。香川については「彼は才能あるサッカー選手」、岡崎については「欧州クラブで最も成功した日本人FWで、彼はブンデスリーガで通算30ゴール以上を記録している」と絶賛している。

 また「日本代表において攻撃的MFや司令塔など、ますます重要な役割を担っている」と乾を評価すると、内田に関しては「ダイナミックな右SBは、けがでアジアカップ出場を逃したが、2008年に10代でA代表デビューを飾って以来、日本にとっては重要な選手である」と記している。

 先日、慶應義塾大学を卒業したばかりの武藤については、「Jリーグで最も輝く期待の選手」と注目している。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
42pt
マンチェスター・C
41pt
トッテナム
36pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
36pt
ボルシアMG
29pt
バイエルン
27pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
31pt
セビージャ
28pt
アトレティコ・マドリード
28pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
43pt
ナポリ
35pt
インテル
29pt
欧州順位をもっと見る